聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転のお知らせ

当ブログは、以下に移転しました。

http://blog.livedoor.jp/mikataharaqq/

引き続き、宜しくお願い致します。

*過去の記事は閲覧出来ます
スポンサーサイト

局地災害訓練

2月も中旬に入りましたが、年末年始からずっと慌ただしい日が続いています。

昨日は、静岡県が開催した災害訓練に当院DMATチームも参加しました。

想定は局地災害:NBCテロにより多数の傷病者が発生したもの。

当院DMATチームは現場に先着し、警察や消防の現場指揮所と共に現地合同調整所を設置。

20180209085431a6e.jpg

情報収集・情報共有と上位本部への報告、次いで救助と除染が済んだ傷病者の把握・搬送先と搬送手段の確保などの搬送調整を行いました。

20180209081350ae4.jpg
*患者名などは訓練上の仮想のものです。

混乱しがちな現場活動の中で、自治体・自衛隊・警察・消防・医療機関等の多機関が互いに顔を合わせて連携を進める貴重な機会だったと思います。

非常に厳しい寒さの中で訓練に実働で参加された皆様、コントローラーの皆様、傷病者役や見学の皆様、本当にお疲れ様でした。

救急科 志賀



消防ヘリとの連携

救急科 志賀です。

いよいよ年末年始体制に入りました。救急外来には多くの方が受診されており、スタッフもほぼ総出で対応させて頂いています。

ドクターヘリ要請は2件。

うち1件目は複数傷病者事案。ドクターヘリと浜松市消防ヘリが同時要請され、救急隊員・航空隊員・ドクターヘリスタッフが現場で顔を揃えて協同。それぞれのヘリで、傷病者を基地病院を含めた市内各医療機関に分散搬送しています。

201712301950366a4.jpg

浜松医療センター屋上にて:受け入れありがとうございました。

先日の浜松消防との机上訓練でも、複数傷病者事案を取り上げました。

「複数傷病者事案に複数の救急ヘリ」で対応する上で、訓練が少しでも実践に活かされているなら幸いです。

非常に厳しい寒さの中での現場活動、本当にお疲れ様でした。


ドクターヘリシミュレーション

救急科 志賀です。

12月4日、第18回静岡県西部ドクターヘリシミュレーション訓練を開催しました。

今回は浜松市消防局の皆様60名ほどを当院にお迎えし、10名×6グループに分かれて机上訓練を2コマ行いました。

〈訓練1〉多数傷病者事案へのドクターヘリの活用
○先着救急隊と消防指令センターとの連携(情報共有と収容照会)
○一覧表を用いた傷病者情報管理と搬送トリアージ
○重傷者の分散搬送
○ドクターヘリを要請した場合、その動線と医療チームの使い方
これらが課題に挙げられます。

20171205073400689.jpg
→一覧表を使って搬送トリアージを実施中

201712050734026ad.jpg
→小児の赤傷病者2名を、ドクターヘリと消防ヘリで、それぞれ自県と隣県の小児専門病院へ分散搬送を計画

〈訓練2〉同じ地区で「多数傷病者事案」→「別の重症外傷事案」が続いて発生した場合の対応
○2つの事案全体を俯瞰した消防力の配置
○ドクターヘリ、消防ヘリをどちらの事案にどのように活用するか
これらが課題に挙げられます。

20171205075511bfb.jpg
→前者にドクターヘリが対応、後者は消防ヘリに当院セカンドチームをピックアップしてドクターヘリ的運用で対応

*想定は全て訓練上の仮想です。

2つの訓練を通して消防の皆様から実に様々なご意見を頂いたり、ファシリテーターとして参加した当院スタッフと突っ込んだ意見交換をしたり、非常に濃い内容の訓練となりました。またそれぞれの顔の見える関係作りの場にもなったと思います。

参加された皆様、お疲れ様でした。今後益々の連携を宜しくお願い致します。

すっかり寒くなりました

救急科 志賀です。

11月も半ばを過ぎ、一段と寒さが厳しくなりました。相当の冷え込みの屋外で長い時間活動することもあり、個々の防寒対策が必須となります。

本日はOJT明石先生、フライトナース有賀さんとドクターヘリのスタンバイ。

朝から夕方まで計5件の要請あり、うち2~3件名と4~5件目は連続要請。基地病院スタッフにサポートして頂き、順に対応しています。

20171117181801b76.jpg

静岡県立総合病院屋上ヘリポートにて:受け入れありがとうございます。

5件目は夕刻の要請、遠隔地の事案。ドクターヘリでの搬送のためには、日没時刻を意識しなければなりません。

合流前後のそれぞれのタイミングで、基地病院スタッフに加えて消防機関の皆様、関係者の皆様などに沢山サポートして頂き、少し時間の余裕を持って活動することが出来ました。本当にありがとうございます。






日没

救急科 志賀です。

本日は早朝にドクターヘリ要請あるもスタンバイ開始前で対応出来ず。救急隊にピックアップして頂き、ドクターカー方式で対応しています。

その後、8時30分よりOJT明石先生とフライトナース宍戸さんと3名でスタンバイ。ドクターヘリ出動は2件。

後者は静岡県東部ドクターヘリの応援出動。山中の事案のため救急隊との合流地点が限られ、ドクターヘリは山頂に着陸して対応しています。

20171103175847dd5.jpg

11月になり、日没時刻が更に早まっています。本日は16時54分でした。

当院ドクターヘリは、日没までに基地病院に帰投する必要があります。本件は時間軸を意識した活動になりましたが、早期にヘリ要請して頂いたので時間に余裕を持つことが出来ました。ありがとうございます。

消防機関の皆様には、夕方前の該当事案では一層早めにドクターヘリを要請して頂けましたら幸いです。

秋晴れ

救急科 志賀です。

10月下旬は2つの台風の影響で運休の日が多くなり、ご迷惑をおかけしました。

ドクターヘリは昨日より運航再開しています。

本日は久々の快晴。風も穏やかで暖かく、過ごしやすい日となっています。

201711011420217f6.jpg

救急科後期研修医の殷先生は、整形外科・循環器内科での研修を終えてパワーアップし、本日より救急科に戻りました。早速OJTも再開しています。

先月の日本救急医学会総会に続き、今月の日本航空医療学会での発表に備えて準備も頑張っています。

台風一過

救急科 志賀です。

台風が全国を縦断しています。浜松には昨夜接近。本日は一転して快晴、真夏のような暑さです。

台風のため運休していたドクターヘリも、本朝から運航を再開しています。

本日は志賀、OJTは2年目研修医の小出先生、フライトナースは山田さんが担当。

現場からの2件の出動要請に対応しています。

201709181909371a7.jpg

搬送先、榛原病院の屋上ヘリポートにて。ご協力ありがとうございました。

ドクターヘリの使い方は、それぞれの地域の医療事情や地理的な条件などによって様々な工夫がなされています。

本日は要請のタイミングが非常に早かったため、救急車とドクターヘリがほぼ同時に合流地点に到着しました。

志太榛原地域への出動の場合、基地病院から距離があることを踏まえてかなり早い段階でドクターヘリを要請して頂くケースがグッと増えてきました。

早期要請は、早期の医療介入と搬送に繋がります。

今後もこのような連携を益々宜しくお願い致します。

9月

救急科 志賀です。

酷暑だった8月が過ぎ、9月も中旬に入りました。朝夕はやっと涼しくなってきました。

自分が担当したこの3日間でのドクターヘリ要請は計5件。うち天候不良のためドクターカー対応・重複要請のため不応需が1件ずつあり、他はドクターヘリで対応しています。

20170914174435f6e.jpg

島田市上空、帰路にて。茶畑が印象的です。

最近はドラマの影響もあり、色々な世代でドクターヘリへの関心が高まっているようです。

今日は、出動時にエレベーターの前で小さなお子さんから応援して頂きました。ありがとうございます。

今週末は台風が接近する予報。安全に留意しつつ運航していきます。

月末

救急科 志賀です。

本日のドクターヘリは、志賀・OJTは2年目研修医の淺井先生・フライトナースは有賀さんがスタンバイ。

連続要請2回を含めた計5件の出動要請に対応しています。

20170801074059045.jpg

搬送先医療機関の皆様、受け入れありがとうございました。

201707312158186b7.jpg

ランデブーポイントの管理も含めて、現地の皆様にも沢山ご協力頂きました。ありがとうございました。

この時期の連続要請には汗だくで対応になります。しかし、我々より消防機関の皆様の方が炎天下での活動時間等が圧倒的に長く、暑さは一層堪えると思います。本当にお疲れ様です。

7月の出動件数は計59件でした。明日から8月、例年出動件数はやや多目となります。関係各機関の皆様、互いに体調に気を配りつつ、宜しくお願いします。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。