聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

掛川消防との合同訓練に参加しました

救急科 志賀です。

昨日、掛川市消防本部 中央消防署で開催された訓練に、県西部ドクターヘリチームとして参加しました。

想定は「高齢者施設で火災が発生し、多数傷病者が発生したもの」。

覚知直後にドクターヘリを要請して頂き、当方はピストン形式で合計2チームを派遣。

20170210093820eac.jpg
○消防現場指揮本部でのサポート

20170210094011510.jpg
○火災現場から救助され、現場救護所に搬送された重症患者さんへの対応

訓練後は参加者全員で各部署からの振り返りを行いました。

201702100941487fb.jpg
○中谷先生よりドクターヘリの講義

最後に新庁舎も見学させて頂きました。

小雨の降る中での訓練でしたが、互いの役割や協働の大切さを再確認出来て、非常に貴重な経験でした。皆様本当にお疲れ様でした。そしてお招き頂きありがとうございました。

今後とも益々の連携を宜しくお願い申し上げます。

石川先生のOJTが始まりました

救急科 志賀です。

前回の更新から随分と間が空いてしまいました・・・。

年末からずっと慌ただしかった1月も終わり、あっという間に2月に入りました。

今日の浜松は冬型の気圧配置の影響で、快晴ですが厳しい冷え込みと強風に見舞われています。

ドクターヘリは志賀・OJT石川先生・フライトナース山田さんがスタンバイ。

朝一番に比較的風が落ち着いたタイミングで浜松市内の山間地より要請あり、対応しています。

2月から研修医ローテートも入れ替わりました。2年目研修医の石川先生が、2ヶ月間の救急科研修とドクターヘリOJTに挑みます。

20170207184210f17.jpg

今日の事案で2回目の出動。安全確保を最優先しつつ、先輩スタッフと共に患者さんにアプローチしています。

スタンバイ終了後のスタッフ反省会では、一つ一つのステップを振り返りつつ皆でデブリーフィング。

石川先生が着ているのが、当センターで新調したスタッフジャケットです。薄手で活動しやすく防寒効果もしっかりあり。

厳寒の時期の現場活動に非常に重宝しています。

寒波

救急科 志賀です。

今年一番の寒波の影響で、ここ浜松でも例年より随分と早く雪が降りました。1/14(土)は屋上ヘリポートに雪が少し積もる程でした。

この週末、ドクターヘリは計4件の出動要請を頂きました。うち3件は対応出来ませんでしたが、1/15(日)の愛知県東部からの要請には天候状況を見つつ対応させて頂きました。

2017011609532384f.jpg

一層厳しい冷え込みの中で現場活動される消防機関の皆様、本当にお疲れ様です。

ドクターヘリは、降雪に加えて他の複数の天候状況を踏まえながら随時運航の判断をしています。ヘリが必要と思われたら、普段通りに要請あるいは照会でも結構ですのでご連絡頂けましたら幸いです。

チーム

救急科 志賀です。

慌ただしかった年末年始を経て、新年一月もあっという間に中旬です。

本日は全国的な強い寒波の影響で、ここ浜松でも非常に冷え込みの厳しい一日でした。

ドクターヘリは、志賀・OJT渥美先生(聖隷浜松病院)・フライトナース宍戸さんがスタンバイ。

浜松消防からの3件の要請に対して、現場出動し対応しています。

20170112220714b72.jpg

本日は一件当たりの出動時間がかなり長い事案が多かったのですが、出動中の業務を他の日勤スタッフに補って貰ったり、ヘリで現場投入のみとなった後に事務局スタッフに迎えに来て貰ったり・・・。そしてOJTの渥美先生にも、遅くまで残って事案に共に対応して頂きました。

ドクターヘリ業務はチーム全体で支えあっていると改めて感じます。ありがとうございます。

皆様、本年も益々宜しくお願い申し上げます。


殷先生、大賞受賞!!

みなさん、こんにちは。
今日のブログ担当は中谷です。

今日は先日名古屋大学で行なわれた救急医学会中部地方会において、
当院研修医で、来年度は救急科に入局予定の研修医のマドンナ殷先生が、
最優秀演題賞を見事受賞しました!!

IMG_2598-1.jpg
                    良い笑顔です!!

丁寧に指導してくれた菅沼先生と、早川センター長に囲まれて記念写真です。
これを励みに来年からも一緒に頑張りましょう!!

ドクターヘリシミュレーション

救急科 志賀です。

本日、静岡市消防局の皆様をお招きして当院で第17回ドクターヘリシミュレーションを開催しました。

第一部は、ドクターヘリ要請時の「無線交信」「救急車内活動」をテーマにしたスキル訓練。

第二部は、多数傷病者事案に対する実働訓練。静岡県西部ドクターヘリと静岡市消防ヘリ「カワセミ」との連携をテーマに、救急入電から各傷病者の搬送までの流れを実際にシミュレーションしました。

20161202181236f4d.jpg

当院フライトスタッフは、菅沼先生をリーダーに夜勤明け・夜勤入りの者も含めて殆ど総出で対応しました。

消防の広域化に伴い、静岡市消防局の皆様と現場で協同する機会は増えています。

いざという時のため、こういった訓練を通じて互いの顔の見える関係作りが進めばと思えます。

参加された皆様、お疲れ様でした。今後とも益々宜しくお願いします。

冷え込み

救急科 志賀です。やや短めの更新になります。

本日のドクターヘリは志賀、OJT明石先生、フライトナース有賀さんがスタンバイ。

中東遠管内からの2件の要請に現場対応しています。

20161110184528e6a.jpg

ここ数日、朝夕だけでなく終日に渡って厳しい冷え込みが続いています。

スタッフは、自己管理としてそれぞれの防寒装備が大切になります。

そして患者さんが冷えてしまわないように・・・車外や機外で過ごす時間をなるべく短くしたり、搬送先では出来るだけ暖かめなスペースを選んで引き継ぎを行うなど、寒さ対策に気を遣うようにしています。

2年目目研修医の明石先生は救急科ローテート2ヶ月目。今月は救急科の病棟業務とドクターヘリOJTの兼任も経験しながら一層頑張っています。

OJT高山Ns.の試練。。

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当は中谷です。

11月に突入し、すっかり寒くなってきました。
今日の浜松は気温も15℃程度で、強風が吹き荒れ、とっても寒い1日でした。
そんな中、今日のヘリ当番は私と、大瀧Ns.、そして先月からOJTが開始になった高山Ns.です。

20161103173032.jpg
       現場へ向かうヘリ機内での高山Ns.。緊張感が伝わって来ます。

高山Ns.はドクターヘリに乗ることを目標に、関西からここ浜松まで就職してきました。
僕もそうですが、ドクターヘリや病院前診療はどこでも出来る訳ではないので、
遠くからでも強い思いを持って就職してくる医療従事者がいます。
そんな同志の様な高山Ns.ですので、応援したい気持ちが強くなります。

今日のドクターヘリ要請は3件。
1件は早朝の要請で、遠隔地でもあったことからまだドクターヘリの準備が出来ておらず、対応出来ませんでした。
2件目は浜松市内山間部からの要請で、高山Ns.も我々と一緒に現場へ。
今日の浜松は強風で、山間部は特に気流も悪いためヘリはすごく揺れます。
救急車より早く現場上空に到着したドクターヘリは現場上空を旋回。
ランデブーポイントを確認しながら、救急車の動きを追っていきます。

航空機で上空を長時間旋回したことがある方は分かると思いますが、
ずっと旋回していると、いわゆる乗り物酔いになっていきます。
今日は特に気流も悪く、縦揺れに加えて長時間の旋回のため、
これは酔うパターンだと思い、僕はずっと遠くの景色を見ていました。
すると高山Ns.の顔色が・・・
酔ってました。
そう、ヘリはけっこう酔う。
最悪の事態はまぬがれ、ランデブーポイントへ先行着陸しました。

20161103173049.jpg
        ランデブーポイントへ先行着陸し、ほっとしている高山Ns.でした。

今日の経験はこれから冬に向けて、ますます風が強くなるヘリ運航にとって、
貴重な経験となったと思います。
現場についたはいいけど、乗り物酔いで使い物にならないクルーでは困るので、
酔いそうになる前に、自己防御することも大事です。

色々な経験をして一人前のフライトナースへなっていくのです。
頑張れ高山Ns.!!

静岡東部ドクターヘリ来院。

みなさん、こんにちは。
相変わらずのお久しぶりでの更新となります。
今日のブログ担当は中谷です。

今日は同じ静岡県でドクターヘリを運営している、順天堂静岡病院から、
静岡東部ドクターヘリが転院搬送の患者さんを乗せて飛来しました。

20161020144351.jpg
   手前が静岡西部ドクターヘリ(EC135)、奥が静岡東部ドクターヘリ(BK117)です。

静岡県は東西に長いため東部と西部に1機ずつドクターヘリが待機しています。
それぞれ同じようなドクターヘリですが、ヘリの種類がよく見ると実は違います。
当院(静岡西部)のドクターヘリは普段はBell429と言う機体を使用していますが、
現在は機体整備のため代替機で上記のEC135を使用しています。
特徴はテールローターで、普通のヘリと違ってフェネストロンという扇風機みたいなテールローターが付いているのが特徴です。

DSCF3466.jpg
    これがフェネストロンです。奥のBK117のテールローターとは違いますよね。

順天堂静岡病院(静岡東部)のドクターヘリはBK117といって、国産(川崎重工)のヘリになります。
特徴は機体が大きいことで、定員がEC135やBell429と比べて1人多く、
我々のヘリはOJTを乗せて現場に行き、患者さんの家族などの付添いがあった場合は、
状況によってはOJTは現場に置き去りになることもよくあるのですが、
BK117であれば、付添いもOJTも乗せて帰ることが出来ます。

20161020144421.jpg
               大きさの違いが分かるでしょうか?

他にもMD902、AW109など現在日本で使用されているドクターヘリは大きく分けて5種類の機体があります。
どのヘリも特徴があり、それぞれに特徴にあわせた運用を行なっています。
皆さんの地元のドクターヘリはどんな機体かご存じですか?
機体の種類は違っても、共通しているのはどのヘリも人命救助のため毎日奮闘しているということです。
これからも応援よろしくお願いいたします!!

明石先生初OJT!!

みなさん、こんにちは。中谷です。
珍しく短いタイミングでの更新となります(^_^)

今日のドクターヘリ担当は私中谷とナースは山田さんです。
そして月も変わってローテート研修医も新たなメンバーが加わり、
明石先生が今日初めてのドクターヘリOJTに参加しました。

20161002145412.jpg
          イケメン研修医明石先生。今日も決まってます!!

今日は午前中はずっと雲が低く運休が続いていましたが、昼から運航開始となりました。
愛知県側へ応援出動がありましたが、こちらは救急隊現着後にキャンセルとなり帰投しています。
これから2ヶ月間多くの症例を経験し、更にイケメン、いや凄腕研修医へステップアップしてくれることを願っています。

20161002145351.jpg
       明石先生に見習って、みんなでイケメンポーズをしてみました。。。

最近は天気が悪いことが多く、次の台風も近づいてきていたりして、
出動出来ない日が多いですが、安全の許す範囲で出来る限りの対応を心掛けています。
早く秋晴れが続く日が来ないかと、心待ちの毎日でした。
では、また。
このページのトップへ