聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

ラストフライト!

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
救急科の下っ端担当、松田です。

少し更新が遅れてしまいましたが、昨日は私がOJT、メインドクターとしてDr.元野、Ns.小割がHeli当番でした。
実はDr.元野、この年度始めの3ヶ月を一緒に乗り切ってきた頼れる仲間なのですが、来月からは本来の職場である静岡県立こども病院に戻られるのです!
大変寂しくはありますが、普段から諸々お世話になっているこども病院の先生と、また「顔の見える関係」を築ける事はとても大きな財産だと感じています。
また何処かで一緒に働ける事を祈りながらの別れとなりました。
11657522_10206974992963350_934725386_n.jpg
夕焼けの中、静岡へ帰路を取ったDr.元野(画面右端)

県東西ドクターヘリの連携

救急科 志賀です。

本日のドクターヘリ医療スタッフは、志賀・元野先生(静岡県立こども病院)・フライトナースは長谷川さん。

ドクターヘリ出動要請は計4件、このうち(1)~(3)は3事案の重複要請でした。

(1)掛川消防より要請→中東遠総合医療センターにドクターカー方式で搬送。

(1)の出動途上に(2)菊川消防より要請あり、こちらは県東部ドクターヘリの要請も打診しつつ、最終的に救急隊による対応となりました。更に(3)浜松消防より要請あり、こちらは基地病院近隣のためセカンドチームによるドクターカー対応を開始したところで、現着した救急隊の判断でキャンセルとなりました。

出動チームは基本的に目の前の事案に集中して対応するため、重複要請にはCS及び院内の救急スタッフによる全体像を見渡した適時の判断と対応が重要になります。

(4)は吉田牧の原消防より要請→現着した救急隊の判断でキャンセルとなりました。

本日の4件全てにおいて、それぞれの消防機関より非常に早期のドクターヘリ要請を頂きました、お疲れ様でした。また受け入れ先医療機関の皆様、ありがとうございました。

さて、6/24~6/25の2日間、静岡県東部ドクターヘリのフライトドクター、石川先生(順天堂大学医学部付属静岡病院)が見学に来て下さいました。

20150625daf.jpg

同じ静岡県内でも東西ドクターヘリの基地病院は遠く離れており、互いの地域の医療事情も機体も運航会社も異なります。一方で、県東西ドクターヘリの、互いの出動時の重複要請に対する応援出動や、多数傷病者事案に対する同時出動のケースが徐々に増えています。

石川先生は2日間、西部ドクターヘリの活動や西部基地病院内での救急診療等を見学され、ドクターヘリスタンバイ終了後のデブリーフィングでも貴重なご意見を頂きました。

こういった東西基地病院の見学や検証会参加、勉強会等を通じて、情報交換や意見交換が進み、互いの顔の見える関係が構築されれば、と思います。石川先生、遠い所本当にありがとうございました。今後益々の連携を宜しくお願いします。

山間地域からの連続要請

みなさん,こんばんは.
今日のブログ担当は中谷です.

今日のヘリ担当は私と,OJT菅沼Dr.,山田Ns.の3人体制でした.
菅沼先生も着々と症例経験を増やし,来月には独り立ちの予定です.
あと少しOJTしっかり頑張って下さい.

今日のドクターヘリ要請は3件.
いずれも市内山間地域からの要請でした.
1件目は朝一番,スタンバイ開始前の時間でしたが,
中日本航空のフライトクルーの協力もあり,速やかに出動することが出来ました.

現場直近のグランドでランデブーしたのですが,
朝一番のゲートボール中の皆様にも,一旦安全な所に避けていただいて,
無事に着陸,早期の患者接触を実現することが出来ました.
ご協力大変ありがとうございました.

20150617_082646.jpg
    ヘリの向こうにゲートボールを中断して下さった皆様が...有り難うございます.

この後,当院へヘリ搬送したのですが,その搬送中に次の転院搬送時案の依頼があり,
屋上ヘリポートで患者引継ぎを行ない,そのまま次の事案へ出動しております.
市内山間部の病院から市街地の病院までの転院搬送でしたが,
救急車なら90分以上かかるであろう距離でしたので,ヘリの機動力を存分に発揮できたと思います.

20150617_145550.jpg
    3件目の搬送先の浜松赤十字病院さんです.受け入れありがとうございました.

3件目も市内山間部地域からの要請で,初期治療後に直近医療機関へ搬送しております.
いずれの症例も菅沼先生がfirst doctorとして診療,搬送を行なっています.
もういつでも独り立ちOKという感じですね.

今日は3件とも市内山間地域からの要請でした.
いずれもヘリの機動力を発揮して,早期患者接触,早期治療開始に結びつけることが出来ました.
今日のような標準的な活動を通して,複数傷病者事案や,災害事案に対応できる力を身につけていきます.
菅沼先生これからも頑張って下さい!!

独り立ちに向けて......

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
聖隷三方原病院救急科の松田です。

梅雨のジメジメした空気の中、今日もヘリは空を行きます。
ERではチラホラと熱中症の方をお見かけする季節になってきました。
皆様、体調にはくれぐれもお気をつけください。

本日のフライトスタッフは私、Dr.志賀、Ns.宍戸の3人体制でした。
独り立ちの時が足音を立てて近付いてくる中、一回一回の出動の重みを強く感じています。
そんな中、本日は複数件の要請をいただきました。
実際に出動・活動したのは1件であり、その他は全て軽症キャンセルとなっています。
いずれも現場救急隊及び指令センターの的確な判断による迅速な要請、そして、精確な傷病者の状態把握/評価がもたらす結果であると感じています。
この場を借りて、改めて感謝申し上げます。
IMG_0211.jpeg
今日も元気にECですが、いつもと違うアングルで一枚!

梅雨の晴れ間。

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当は中谷です。

ジメジメした梅雨がついに始まりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今日の浜松地方は朝方まではシトシト雨でしたが、
運航開始時刻前には雨も上がり、高曇りの一日でした。
ドクターヘリは多少の雨では運休しませんが、
低い雲によって視界が妨げられるような時は、運休となってしまいます。
浜松は年間を通しても雨の日は少ないので、雨による運休はほとんどありませんが、
この梅雨時期だけは、やはり少し運休が出てしまいます。

そんな梅雨の合間の晴れ間(高曇り?)の一日でしたが、
今日のヘリ担当は私と、OJTですっかりおなじみ消化器内科の仲間先生、有賀Ns.のMens3人体制でした。
総重量は250kgオーバー???(そんなにないか・・・)

写真 6-1
            現在Bell429は車検継続中。EC135で今日もフライトです!!

今日の出動は中東遠地域での交通外傷に出動。
複数傷病者事案でしたが、OJTの仲間先生と役割分担し、
短時間の間に診察、治療介入、搬送先病院の選定を行い、無事に搬送を終える事が出来ました。
仲間先生も普段は内視鏡片手に頑張る消化器内科医ですが、
当院に来てからは定期的にドクターヘリのOJTを継続しており、
すっかり現場活動にも慣れておられます。非常に頼もしい限りです!!

我々救急医だけでなく、仲間先生のように消化器内科医や、当院整形外科医の先生や、
静岡県立こども病院からの小児科医の先生方などにもドクターヘリの現場活動を経験していただき、
現場活動への理解を深める事によって、受け入れ病院の医師としての活動に役立てていただいているものと思います。

もともと2年目研修医で救急科を選択する研修医には希望でOJTを行っています。
当院で研修を希望される医学生のみなさん。
我々と一緒に院内だけでは経験できない、現場活動を経験してみませんか?
その経験は医師として必ず役に立つ時が来ますよ。

研修医募集要項はこちら↓
http://www.seirei.or.jp/mikatahara/news/1560.html

病棟勤務とOJT

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
色々ドタバタしています、救急科松田です。

当方、ここ数日病棟当番をしながらのOJTが続いています。
完全シフト制の当救急科では病棟当番なる役割を決めて、入院患者さん全体の主治医になると言うIntensiveな勤務があります。
大凡、15~25人程度の患者さんが絶えず病棟にいらっしゃり、皆さんの病態・病状を常に把握しながら入院患者さんの治療をマネージメントしています。
完全なER型であれば入院担当も無く、完全なICU型であれば集中治療のみ、と言う形態が一般的でしょうが、当科はある種の救急総合診療的な立ち位置で様々な患者さんの治療に当たっています。
恐らく、浜松と言う土地柄が、そのようなシステムを求めているのではないかと感じています。

天気は生憎の曇り~雨でした。

本日のヘリ要請。

こんにちは。
今日のブログ担当は、しばらくぶりの中谷です。
最近はヘリ当番の日でも本当に平和な日が多く、今日は久しぶりの出動となりました。
今日のヘリ当番は私と、OJT菅沼先生、佐奈Ns.の3人体制でした。

今日の出動はいずれも浜松市内からの外傷事案2件。
いずれも早期要請による効果で、市内で比較的近距離の地域ではありましたが、
早期の医療介入を行なうことが出来ました。

DSCF2430.jpg
                  今日もEC135で出動です。

OJTの菅沼先生も症例経験を重ねて、確実に独り立ちへ向けてstep upしています。
新たに仲間に加わった3人の先生達も、確実に当救命センターを支える存在になっています。
本当に充実した態勢まではまだもう少し人数が欲しいところですが、
一昔前の少数精鋭で戦っていた頃に比べれば、隔世の感があります。

20150602_153953.jpg
            今日の浜松市内。薄曇りでしたが視界は良好です。

明日から天気が下り坂のようです。これから梅雨時期に突入します。
ドクターヘリも出来る限りの運航を行ないますが、
天候との戦いになることも予想されます。
出来る限りの早期の要請が、結果的に運航を可能にすることもありますので、
今後も早期の要請を関係する消防機関等の皆様には、引き続きよろしくお願いいたします。
このページのトップへ