聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

7月末日

救急科 志賀です。

本日のドクターヘリ医療スタッフは、志賀・OJTは岡田先生・フライトナースは鈴木さん。
出動は3件でした。

(1)湖西消防より要請→基地病院へドクターヘリ搬送

20150731203021bda.jpg

ドクターヘリの離着陸にご協力下さった学校関係の皆様、安全確保に加えて散水して下さった消防隊の皆様、本当にありがとうございます。

(2)浜松消防より要請→基地病院へドクターカー方式で搬送→病着時に次事案要請あり

(3)浜松消防より要請→キャンセル

全ての事案で救急隊現着前にヘリ要請して頂いています。尚、(3)は基地病院近隣の事案で、現着した救急隊が「ヘリと合流するより、真っ直ぐ基地病院に陸路で搬送した方が早い」と素早く判断しています。


20150731200052b72.jpg

本日で7月も終わりです。7月は梅雨や台風に影響で運休の日が1/3位ありましたが、ドクターヘリ要請は合計67件でした。このうち48件に出動、不対応は19件でした。これは夏季に伴う救急件数全体の増加に対して、消防機関の皆様が「必要あれば躊躇なく、直ぐにドクターヘリ要請」と、一つ一つの事案毎に的確にご判断頂いているからだと感じます。

8月9月と夏は続きます。消防機関の皆様、より一層密な連携を宜しくお願い申し上げます。





炎天下の訓練!!

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当は中谷です。

暑い日が続いていますが、皆さん体調は大丈夫ですか?
救急外来には暑さが原因で体調を壊す方が多く来院されています。

そんな中、今日は浜松消防西消防署の水難救助訓練に、
ドクターヘリスタッフとして参加させていただきました。
朝から太陽降り注ぐ浜名湖畔のボートアリーナでの訓練でした。
当院からは私と松田Dr.、有賀Ns.、鈴木Ns.、杉山Ns.のMen's5人で参加させていただきました。

20150728182324.jpg
               水中からの要救助者の救助訓練の様子。

第1部は西消防署水難救助隊による水難救助訓練でした。
浜名湖上での水難救助者をダイバーによる救助訓練を見学させていただきました。
普段我々は救助された後からしか、患者接触しないため、こうした救助の実際を見学させていただく事は、
その後の医療活動にも事前の流れがイメージしやすく、大変勉強になりました。

20150728182257.jpg
            ドクターヘリスタッフ到着後の状況確認中の模様。

第2部は先程救助隊によって救助された要救助者を救急隊と共に医療活動を行なう訓練です。
ここで我々ドクターヘリチームもドクターヘリスタッフとして訓練に参加させていただきました。
複数の重症患者を含む患者のトリアージを行ないながら、医療介入、搬送先選定、搬送へと入ります。

20150728181844.jpg
              救急隊と協力し医療介入を行ないます。

今日の訓練では、救急隊、ドクターヘリスタッフとも、課題の残る内容がありました。
しかし課題が残るからこそ訓練!!
なんの課題も見つからないようでは進歩はありません。
今日フライトスタッフとして参加した松田Dr.、杉山Ns.はドクターヘリとしてはまだOJT(訓練中)のスタッフですが、
このような訓練を積み重ね、現場へ還元し一人前になっていきます。

酷暑の中、事前準備、当日の設営など大変だったと思いますが、
浜松消防西消防署の皆様、大変ありがとうございました。
今後もこのような訓練を通して、消防との円滑な活動に繋げて行けたらと思っています。

真夏の総力戦!

こんにちは、こんばんは、おはようございます!
救急科の松田です。
暑い日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
熱中症に気を付けて、水分摂取を怠らないようにして下さいね。
またここ数日外傷での入院も増えてきております。
皆さんも怪我に気を付けてお過ごし下さい。

さて、本日も多数の要請をいただきありがとうございました。
多数の要請のお陰で院内での仕事がなかなか終えられませんでした…が、優秀な研修医の先生が良く動いてくれて、病棟の仕事は恙無く進んでいたようです。
殷先生、ありがとうございます!

ヘリの季節

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
救急科の松田です。

熱中症などをキッカケに体調を大きく崩される方、虫刺されや蛇に噛まれたなどのアクシデントで搬送される方などなど、救急外来を受診される方の人数は着実に増えているように感じます。
皆様、気をつけてお過ごし下さい。


東西の救命センターへ

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当はお久しぶりの中谷です。
今日は浜松基地でDMATの訓練が行なわれており、
当院DMATチームも数隊基地へ出動したため、少数精鋭でERのお留守番でした。

今日のヘリ担当は私と、ベテランナース両輪の1人宍戸Ns.。
人材不足でOJTは今日は不在でした。
久しぶりの二人態勢での待機でしたが、今日も浜松は朝からピーカン。
朝の機材点検からもうすでに外は猛暑でした。

20150715193151.jpg
             今日の浜松市内。入道雲がでています。。。

そんな猛暑の中、今日のヘリ要請は3件。
うち1件は重複要請のため、ドクターカーでの対応となりました。
1件目の出動は県中央部からの交通外傷の要請でした。
直近小学校に着陸し支援車両で現場へ。救助された傷病者に接触し初療を行ない、
重症外傷、三次救命対応という事で、直近の救命センターである静岡県立総合病院へ搬送させて頂きました。

2件目は静岡県立総合病院への搬送後、給油のために立ち寄った静岡ヘリポートからの出動。
要請後直ぐさま離陸し、掛川の山中へ向かいました。
山林内での事故に対応。直近の小学校に着陸し支援車両で山中へ。
既に救出された傷病者と接触し、初療後に当院までヘリで搬送となりました。

20150715193213.jpg
               駿河湾。良い天気でした。

今日は静岡県内東西の高度救命救急センターへのドクターヘリ搬送となりましたが、
重症外傷など、より高次の救命処置が必要な傷病者は、出来るだけ早期に救命救急センターなど、
高次の医療機関へ搬送することが重要です。
今回はいずれも遠隔地から、ドクターヘリの機動力を使って、県内2ヶ所の高度救命救急センターへ搬送する事が出来ました。
早期傷病者接触、早期の高次医療機関への搬送。
山中や遠隔地でドクターヘリの機動力なしでは、成し得ないと思います。

明日からは台風の影響を避けるため、静岡県西部ドクターヘリは静岡ヘリポートへ避難となりました。
数日の台風避難の間は、この機動力も使えません。
ドクターヘリもお天道様にはかなわないのでした。。。(>_<)

真夏のOJT 岡田先生

救急科 志賀です。久し振りの更新です。

7月に入り、耐空検査を終えたBell429(JA01DW)が浜松に帰って来ました。一方で、7月初旬は梅雨の雨天による運休が続きました。

ここ数日は天候回復し、出動要請に通常通り対応しています。特に昨日からは一気に真夏日の猛暑で、出動毎に汗だくとなります。小まめな着替えや水分補充など、スタッフ自身の体調管理も大切に時期に入りました。

20150714183719e5e.jpg

本日のドクターヘリ医療スタッフは志賀・OJTは岡田先生・フライトナースは長谷川さんです。

20150714183721deb.jpg

(向かって右から2番目が岡田先生。左端は救急科ローテート中の1年目研修医、来年度OJTを目指す佐藤先生です)。

出動は1件。市内山間地からの要請に対応しました。

岡田先生は初出動。先ずは安全確実な現場活動を最優先し、一つ一つステップを踏みながら共に協同して頂きました。

岡田先生は元野先生と入れ替わりで7~9月の3ヶ月間、静岡県立こども病院小児集中治療科から研修にお見栄です。

岡田先生はER診療やプレホスピタルケアを、逆に私達三方原スタッフは岡田先生から小児救急や小児集中治療を、互いに学び会う機会になります。岡田先生、真夏の3ヶ月間宜しくお願いします。



このページのトップへ