聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

夏の空は気紛れ

皆さん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。
救急科の松田です。
真夏の蒸し暑さが大分緩和されてきましたが、空はまだまだ夏の空です。
急激な積乱雲の発生など、様々な悪天候がヘリの運航を阻みます。

本日は医学生を対象とした夏季見学会が臨床研修センター主催で開催され、院内各地で賑やかな様子でした。
救急科にも3人の学生さんがいらっしゃり、午前一杯を見学してくれました。
ヘリポートに来てもらったり、初期研修医2年目Dr.小川の診療を主に見学してもらったりと、何かしらの気付きの切欠になったなら幸いです。
尚、午後からは初期研修医1年目が主体となって企画したイベントに参加されたようですが、皆さん満足していただけたでしょうか?
来年・再来年、当院で共に診療に当たれれば光栄です。

そして、本日のヘリ点検には挿管実習にていらっしゃっている救命士の山本さんが同行してくれました。
山本さんは順調なペースで挿管件数を重ねられており、近日中に卒業の予定であり、「卒業前に是非!」との事でした。
写真は本日のヘリ担当である私とDr.早川、Ns.鈴木とを機長さんに撮ってもらいました。
IMG_5490.jpg

そして、気になる本日のヘリ要請は2件ありました。
山間部では積乱雲の発生などもありましたが、幸いにして共に対応する事ができました。

一件目は水窪の内因性事案であり、珍しい救急隊現着後の要請でした。
実は、この際天候が危うく途中で引き返す可能性もある中での出動でしたが、予定通りのランデブーに成功しました。
事前情報からは十分に推測できなかった病態を接触後短時間に判断し、近隣病院での対応は困難であるものと推察し、基地病院にDr.Heli搬送の方針としました。
尚、本事案についてはDr.早川は院内に残られ、私とNs.鈴木の2人で対応しました。
IMG_5495.jpg
積乱雲が近づく中、迅速な対応の為に、機内でブリーフィングを行ないつつ、出動です。

二件目は牧ノ原の外因性事案であり、現着前要請でTake offとなりました。
当然のことながら初期情報では詳細不明ですが、熱傷にて要請とのキーワードから複数傷病者の可能性や重症熱傷の可能性を想定しつつ、現場へと向かいました。
幸運にも現場直近に着陸適地があり、そちらをランデブーポイントとしてスムーズに救急隊と接触できました。
三次救命救急センター、特に高度救命救急センターの適応疾患であり、当院への搬送を想定していました。
しかし、現場にて把握した傷病者本人の生活圏などの新情報を考慮し、県立総合病院高度救命救急センターへの搬送も検討、最終的には、やはり航路上の積乱雲の存在を考慮して、基地病院へ搬送としています。

暑さが和らいでも、空は未だ夏の気まぐれな天候に左右されます。
突然の天候不良や落雷などに気を付けてお過ごしいただければ幸いです。

OJT小川先生.

みなさん,こんばんは.
今日のブログ担当は中谷です.

昨日,今日とヘリ担当は私でしたが,今日はキャンセル1件の出動のみで平和な1日でした.
昨日は有賀Ns.と研修2年目の小川先生がOJTで3人体制でした.
要請は2件.いずれも現場出動でした.

20150819_091625.jpg
            朝の機材点検で見学の学生さんと一緒に.

最近は夏休みと言うこともあり,毎日たくさんの医学生の皆さんが見学に来てくれています.
新臨床研修制度の下,どの医学生も真剣に研修先病院を選んでいるようで,
選ばれる側としても,一生懸命医学生の皆さんに当院での研修の魅力をアピールしています.
この日も熊本大学から来てくれた学生さんと一緒に朝の機材チェックへ.
OJTの小川先生の手慣れた機材チェックや無線チェックに,
「かっこいい~!!」と感動してくれる学生さんでした.

この日の出動はいずれもOJT小川先生も出動となり,現場活動を行ないました.
1例目は磐田市内での事案でしたが,初療を行ない患者さんの安定化が得られた後は,
小川先生によるドクターカー搬送で磐田病院へ搬送しています.

20150819_121317.jpg
         受け入れて下さった磐田市立総合病院.ありがとうございます.

2例目は浜松市内北部山間部からの要請で,
ドクターヘリは現場に向かう救急車と途中のランデブーポイントで合流し,
そこから救急車に同乗し現場まで山道を30分ほど走って到着しています.
帰りはご家族同乗の為,OJTの小川先生はランデブーポイントへ置き去りとなり,
小川先生は自力で病院まで帰ってきましたが,帰路に1時間以上かけて帰ってきています.
ドクターヘリの機動力を肌身を持って感じて貰えたと思います.

2年目研修医としてOJTで既に結構な回数の現場活動を経験している小川先生ですが,
来年度は救急医を目標の一つにしてくれているようです.
一緒に働けるかどうかは分かりませんが(彼女の気持ち次第ですが...),
どこで働くにしても,救急医を目指してくれていることは,救急医として嬉しい限りです.

色々大変な事も多い救急科研修だとは思いますが,
残り1ヶ月ちょっとの救急科研修,最後までめげずに研修頑張って下さいね.

雨の日

みなさん、おはようございます、こんにちは、そして、こんばんは。
救急科の松田です。
お盆が明けても残暑はバッチリ!
まだまだ熱中症の注意は必要です。
しかし、一方で少しずつ涼しくなり、鈴虫の歌が聞こえるようになり、秋の訪れを感じています。
皆さま、寒暖の差にやられぬよう、ご自愛下さい。

さて、本日のヘリ当番は私とDr.志賀、そして、Ns.山田でした!
と、言っても、生憎の悪天候でヘリは運休。
午前は私も淡々と外来を行っていました。

しかし、こんな雨の日こそ交通事故などが発生し易く、プレホスピタルのニーズは大きかったりします。
そんな予想の通り、浜北の交通事故事案でドクターカー要請。
僅かな事前情報から多数傷病者事案である旨を把握し、小児傷病者も予想された事から、成人用バックと小児用バックとを共に担いで当院の救急車へと飛び乗ります。
危険を孕む事故現場への突入であり、ヘルメットも装備、そして、一歩踏み込んだトリアージ、現場判断が必要になる可能性も考慮して、デモで出張して来てくれているVscanも携え、現場に向かいます。
ドクターヘリ程にはタイムリーな情報を得られないドクターカーですが、それでも現場の救急隊と交信し、傷病者数の人数とトリアージ区分を把握、活動プランを立てていきます。
豪雨の中での救出劇は、我々が到着するとほぼ同時に完了、現場状況を把握した後、すかさず車内収容された傷病者に接触します。
切迫する状態にないか、定量的なバイタルサインは安定しているか、主な受傷部位は何処か、そう言った情報を素早く集め、基地病院を搬送先として選定、車内収容から短時間で現発となりました。

そして、基地病院に戻って暫くの後、当院の臨床研修センターからのコールで私が向かった先は会議室。
実は、本日、静岡県主催の高校生を対象としたEarly exposure、こころざし育成セミナーなる物での講演を頼まれていたのです。
院長先生のリアリティのある重厚な話の後、自分が医者になるまでのこと、医者になってからのこと、そして、これからのことなどを高校生相手にスピーチして来ました。
その昔、高校生ってもう大人だなと思っていましたが、気付くとあどけない表情でみんな真っ直ぐにこちらを向いており、彼らから無限の可能性を強く感じました。
どうにもおっさんになったような心持ちでしたが、考えてみると既に10歳以上歳が離れているのですから、それもそのはず!
学生さん達の未来の輝かしさと、自分か歳をとった事への物悲しさ?で複雑な心境でした…苦笑

こころざし育成セミナーのスピーチが終わる頃、外からはけたたましい蝉の声が聞こえ、運航再開となりました。
当院では、ドクター・ナースが共に機材の点検を行う事としており、当然本日も運航開始となるや否や屋上ヘリポートへ!
本日は、特別ゲストに大分大学の学生さんと現在救急科ローテ中の石川先生が着いて来てくれました。
なんと石川先生、自らヘリの点検が見たいと希望して、屋上まで上がってきてくれたのです。
当院の研修の歴史は長いですが、このような1年目研修医は初めてであり、みんな無駄にハイテンションで点検に突入!
ヘリポート見学に来ていた高校生の皆さん達も交えて賑やかな点検となりました。


点検が終えてERに戻ると、間も無くドクターヘリ要請のホットラインが鳴り響き、松田・Ns.山田は通信センターに集合します。
簡潔に要請内容を確認するや否や、エンジンスタートを告げる出動コールが鳴り、出動エレベーターへと急ぎます。
病棟担当を兼任しており3階のICUに居たDr.志賀も事前連絡が功を奏して、タイムラグなくエレベーターへ到着。
そのまま屋上ヘリポートまで昇り、素早く機体へと乗り込み、離陸しました。
事案は御前崎市内の物であり、天候的には現場まで到達できない可能性もありましたが、幸いな事に軽症にてドクターヘリはキャンセルとなり、そのまま基地病院へと帰投しました。


天竜川の向こうには分厚い雲がかかっていました…!

そんな塩梅で、ヘリ要請1件、カー要請1件のあった本日ですが、いずれも消防関係者の素早い判断による適切な要請がなされている印象を受けました。
空を駆けるドクターヘリは特殊な仕事ではありますが、我々救急医の実力を遺憾なく発揮できる重要な業務でもあります。
救急やプレホスピタルに興味のある先生方、是非当院で一緒に働きませんか?
また、当院では研修医のOJTも積極的に行っており、現在は2年目のDr.小川が凄まじい回数のOJTを経験しています。
病院前診療に興味のある医学生さん、良かったら当院で初期研修を行ってみませんか?
どちらも心からお待ちしております!

それでは、本日はこれにて!
残暑厳しい季節ですが、体調を崩されぬよう、ご自愛下さい。

お盆の一コマ

皆さん、おはようございます、こんにちは、そして、こんばんは。
救急科の松田です。
猛暑の中いかがお過ごしでしょうか?
連日の真夏日にクタクタの方も多いかと思います。
そして、久々の集まりでお酒を飲まれる方も多いかと思います。
汗だくになりながらのビールは格別に旨いですが、実は旨さの裏に危険が!
アルコールの摂取は脱水を助長させるので、脱水やアルコールの過多による様々な症状を引き起こし得ます。
痙攣が出たり、熱中症で動けなくなったり、血管が詰まったり…こう言った恐ろしい症状・病気に気を付けて、素晴らしい夏をお過ごしください。

さて、1日遅れの更新ですが、8/15のヘリ当番は私とDr.矢野、そして、Ns.長谷川の3人でした。
実は、私とDr.矢野は前日22時までの勤務を終えて、比較的短い休み時間での出勤です。
通常の診療科では多いパターンですが、院外を駆け回ったりドタバタなERを切り盛りする救急科では、比較的珍しい勤務体系です。

朝から若干げっそり?なところ、点検を終えてERに戻ると直ちに要請が!
天竜の山奥、川での水難事案が発生。
直ちに屋上へ駆け上がり、ものの数分で離陸、現場へと向かいます。
現場上空では、普段閑散としている川辺に多くの人が集まり、夏のレジャーを楽しんでいました。
近隣の運動場に着陸して救急隊のピックアップで現場に向かいます。
Dr.矢野の現場指揮の中、私とNs.長谷川とで傷病者を処置、搬送時間の短縮などを考慮して、ドクターヘリにて当院へ搬送としました。

続く二件目の要請はERが多くの患者さんでごった返す中、交通事故による多数傷病者事案でした。
正確な傷病者数などわからないまま離陸し、上空で現場救急隊からの情報を貰いつつ、リアルタイムで活動プランを立てていきます。
同じく現場近くの広場に着陸、後発の救急隊にてピックアップ、現場へと向かいます。
現場は交差点での出会い頭の事故で傷病者3名をどう分散するべく、ヘリ、救急車を駆使してマネージメントしていきました。
最終的には、1名を医療センターにヘリ搬送、2名を当院へ救急車搬送としました。
受け入れいただいた医療センターの方々、ありがとうございました。

そして、最後の一件はスタンバイ終了間際に発生。
当方は22時までの準夜帯でERの当番でもあったので、混雑状況も踏まえて、Dr.矢野・Ns.長谷川にて対応いただきました。
状況からは症候性てんかんと思われる症例でしたが、かかりつけは休日の救急対応が難しい可能性が高いと判断、当院への搬送となりました。

合計3件の要請をいただいた昨日ですが、ERはERで大忙しでした!
フライトスタッフも全力投球で外来診療に臨み、夕方までの間に外来来院者数は100人超え!
一昨日も救急外来への受診者数が100人を超えており、お盆の猛暑で具合が悪くなっているようです。

冒頭でも触れましたが、これだけの猛暑です。
体調を崩さぬよう、ご自愛してお過ごしください。

牧之原出張シミュレーション!

皆さん、こんばんは、今日は、おはようございます。
救急科の松田です。

腰痛が首を擡げてきて、連日の猛暑も相俟って負けそうになる今日この頃です。
この猛暑の夏休みに、ERも賑やかさが続いています。
皆様、くれぐれもご自愛ください。

さて、そんなこんなでERが忙しい中、本日は牧之原消防での出張訓練に行って参りました。
メンバーは私と当直明けでフラフラのDr.矢野、そして、Ns.宍戸、有賀、杉山が参加。
初めての試みで緊張しつつ、訓練へと赴きました。



訓練に先立ち、署長さんからご挨拶をいただき、ドクターヘリについて矢野先生からの講義が始まります。
今回の訓練における一番の目的は、顔の見える関係作りとしつつ、ドクターヘリの要請やそれにまつわる消防サイドが気にされそうな内容について、丁寧に解説していました。

そして、車内活動訓練。
ここでは私と宍戸ナース、有賀ナースがそれぞれ外因・内因のシナリオで、車内活動のシミュレーションを行います。
消防の皆さんが訓練になるようにと設定された筈なのですが…自分自身にとっても良い経験になり…まだまだ精進せねばなりません。苦笑



最後は、牧之原消防署内での屋外訓練。
私と杉山ナース、そして、サポート役として宍戸ナースが出動する状況として、炎天下の中、実際の活動と同じ時系列で重症事案の対応をシミュレートしました。


お題は昨今要請の増えている蜂によるアナフィラキシーショック!
傷病者はアナフィラキシーの既往があり、エピペンが処方されていたとのことで、実際に使用しているとの情報でしたが…
なんと!
エピペンが壊れていた、と言う裏設定があり、状態か改善せずに悪化の傾向にある…と言う恐ろしいシナリオでした…
原則的には車内収容後に医療活動とするのが静岡県西部ドクターヘリのモットーですが、車内搬入まで所要時間が数分は必要な状況であり、屋外でルート確保や気管内挿管などの処置を要しました。
いずれにせよ、炎天下の中で汗だくになるのは当然の事、設定的にも冷汗が止まらない、恐ろしいシチュエーションでした。

しかし、蜂によるアナフィラキシーは恐ろしいものがあり、実際にアドレナリン筋注を反復しても反応せず、少量アドレナリン静注が必要になるケースもしばしば遭遇します…
その意味で、今回のような想定は充分にリアリティがあり、大変に勉強になりました。

お招きいただいた牧之原消防の皆さん、貴重な機会をありがとうございました!


今後とも、各地での出張シミュレーションは続きます。

細かな医療的な内容以上に、フライトクルーとの顔の見える関係作り、そして、建設的に相談ができる土台作りが一番大切、と感じています。

消防関係の皆様、今後とも宜しくお願いします!
そして、市民の皆様、今後ともドクターヘリの活動にご理解いただければ幸いです。

北消防署の訓練に参加しました

救急科 志賀です。
 
先週、消防署での訓練に連日参加させて頂きましたので、その御報告です。
 
8月7日(金)、浜松市消防局北消防署 三ヶ日出張所の訓練に、志賀・佐奈NS・鈴木NSが参加させて頂きました。

150807_091445.jpg

 この日は「ドクターヘリ対応」の訓練。三ヶ日町地内の建物の3階で脳卒中疑いの傷病者が発生したという想定です。現着した救急隊が、直ちに消防隊とドクターヘリを要請。外傷の可能性も否定できず全脊柱固定を実施し、消防隊と連携して傷病者を3階から1階に移動させます。

DSCF2566.jpg

並行して、観察所見を消防無線でドクターヘリに送信します。傷病者を救急車内に搬入した所で、ドクターヘリ医療スタッフが到着し合流。

DSCF2573.jpg

脳梗塞であれば血栓溶解療法適応にも成りうる状況であり、ドクターヘリで基地病院に素早く搬送とします。
 
翌8月8日(土)、同消防署 曳馬野出張所の訓練に、志賀・2年目研修医の小川先生が参加させて頂きました。
 
この日は「瓦礫の下の医療」の訓練。当地域で大規模な地震が発生し、建物の崩落により瓦礫の下敷きになってしまった傷病者に、消防機関から出動要請されたDMAT隊が対応するという想定です。
 
始めに消防指揮本部に参集。指揮隊、救助隊、消防隊、救急隊等の各隊に医師2名も加わり、現状の評価・傷病者の救出方法及びその手順・医師の関わり等について一つ一つ確認を進めます。

DSCF2613.jpg

まずは、救助隊員が瓦礫の中に進入し傷病者と接触。その状態は無線を通じて指揮本部と共有されます。

DSCF2611.jpg

 続いて、救助隊員の誘導に従って医師が瓦礫の中に進入。両肘と両膝を使いながら少しずつ傷病者に近づきます。

DSCF2635.jpg

 傷病者に接触。簡潔な診察の後、必要な最低限の医療処置を行います。

DSCF2645.jpg

 処置の済んだ傷病者は救助隊員によりパッケージングされ、少しずつ移動され、救助完了。
 
次いで、研修医の小川先生も瓦礫の中への進入訓練を行いました。

DSCF2690.jpg

 ヘルメット・ヘッドライト・ゴーグル・マスク・革手袋・肘当て・膝当て等、自らが負傷せぬよう必要な装備を行った上で匍匐の要領で進むのも、限られたスペースでの診療も、傷病者の移動も、非常に大変でした。しかも現場そのものも常に崩落する可能性あり、安全面に最大限配慮しつつ活動時間は最小限にしなければなりません。その為には個々の鍛錬だけでなく、各隊・各隊員との密な連携が絶対に欠かせないと強く感じました。

このようなケースは稀ですが、今回の訓練は、平素の救助事案における救助隊と医療スタッフとの協同に活用出来る部分が沢山ありました。
 
2つの訓練を通じて、消防側と医療側との互いの顔の見える関係作りも進んだのなら幸いです。
 
酷暑の中の訓練に参加された皆様、お疲れ様でした。そして訓練に呼んで下さった北消防署の皆様、本当にありがとうございました。

今までありがとう。そして、こんにちは。

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
救急科の松田です。

連日の真夏日で全国的に熱中症の発生率が急上昇しています。
巷の報道では熱中症症状があれば、クーリングをした上で直ちに受診を!と宣伝されていますが、それよりも何よりも重要なのは「予防」です!
本年度発表された本邦のガイドラインによると「経口補水液」なるもの(OS-1など)が予防に適していると推奨されています。
一般的には、成人で1日500-1,000mL程度を飲むことが勧められていますが、暑い日の屋外作業/スポーツでは、それでも足りないことも重々あります。
適切な休養を涼しい環境で十分に取って、無理のない生活をお過し下さい。
因みに...ご高齢の方やご持病をお持ちの方の場合、特別にスポーツなどを行ったり労働をしなかったとしても、ごく普通の生活の中で熱中症になってしまう方がいらっしゃる事も知られています。
あまり無理をなさらず、体に優しい生活を送っていただければと思います。

真夏日が続きます

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
救急科の松田です。
真夏日が続く中、みなさん、いかがお過ごしですか?
救命救急センターでは熱中症の患者さんが毎日のように搬入されています。
その他にも怪我や水難なども増えておりますので、みなさんもお気をつけてお過ごし下さい。

さて、本日のヘリ当番はOJTとして私と、Dr.中谷/Ns.山田でした。
朝一番、カンファレンスの途中での要請でしたが、医療スタッフ・運行スタッフ共に準備は万端!
直ちに屋上に上がり、現場に向けて飛行を開始しました。
掛川南での外傷の要請でしたが、近隣中学校の好意によりランデブーポイントを確保することができました。
現場での診察で全身状態は安定も専門医による適切な介入が必要と判断、最終的に浜松医科大学に受け入れていただきました。
ドクターヘリは飛び立てたとしても着陸できなければ医療スタッフの導入も搬送の段取りも立てられません。
そして、患者さんと接触できても、適切な医療機関へ搬入できなければ、その活動は意味を成しません。
その意味で、本日着陸地点を提供していただいた中学校並びに難しい症例を受け入れていただいた浜松医大病院さん、そして、迅速なドクターヘリ要請と現場のマネージメントをしていただいた消防関係者の皆様に感謝です。

このページのトップへ