聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

ちょっと長めの1週間

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。
久々ブログ書きます、救急科の松田です。

先週日曜日からの連続勤務で病棟&Heli OJTいただいています。
当院救急科では完全チーム制を取っており、夜間は夜勤者が、日勤中は病棟担当医が責任を持って入院患者さんの診療にあたっています。
重症病態の管理はもちろんの事、複数領域にまたがり怪我をされた患者さんなど、様々な病態の患者さんがいらっしゃり、ローテーションしてくれている研修医の先生には診療を通して多くの事を学んでもらっています。

さて、そんな今週ですが、日々の出動に加えて、様々なイベントがありました。
1点目は県内で行われた合同訓練に当院からもDMAT隊員を派遣すると共に、Dr.Heliも訓練に参加してきました。
今回の訓練は消防との合同のみならず、実際に事案発生時に連携を取る警察も参加し、大変大掛かりな訓練でした。
多数傷病者事案においては医療・消防・警察・行政など、事案に関わる全員が共通認識を有することが重要であり、本訓練を通して互いの行動理念・実務について確認できたのであれば幸いと思います。
訓練を企画・召集いただいた方々、そして、実際に参加された皆様、お疲れ様でした。


そして、火曜日には当院で県西部ドクターヘリ事後検証会が開催されました。
先月あった小児の外傷事案について取り上げられ、実際に現場活動を行っていた救急隊の皆様、Dr.Heliで出動した淺井部長、そして、最終的に受け入れていただいた県立こども病院の和田先生からお話をいただきました。
和田先生は今年の1月から3月まで当院で研修をしていらっしゃった先生であり、私からすると大学時代の先輩となります。
その他、この事案に関係されていた焼津市立総合病院の看護士さんもいらっしゃり、また一歩互いの顔が見られる関係を形成できたのではないかと思います。
その後、救命救急センタースタッフはいそいそと1階の医局に集合。
来たるべき航空医療学会の予演会に励んだのでした......


このような塩梅でイベント盛り沢山であった今週ですが、多くの要請をいただいていました。
浜松市は特に風が強い町ですが、その影響もあってか転落事故が相次いでおります。
皆様、屋外で脚立に乗られる際、高所で作業される場合には、十分な注意とヘルメット着用などの安全対策をお願い致します。

浜松を吹く風が、気付けば秋の様相を呈し、間もなく訪れる冬も気配を匂わせてきました。
巷ではインフルエンザ陽性の報告も相次いでおりますので、皆様、くれぐれも体調には気を付けてお過ごし下さい。
そんな僕も医者の不養生ではいけないなと思いつつ、来たるべき学会などの課題に備えつつ、残り僅かな病棟担当を頑張りたいと思っております。

それでは、皆様、ご自愛ください。

県内連携

救急科 志賀です。久し振りの更新です。

Bell429(JA01DW)の機体整備のため、代替機としてEC135(馴染みのJA115D)でのスタンバイとなります。

20151021191316937.jpg

本日のドクターヘリ医療スタッフは志賀、フライトナースは 山田さん。

要請は計4件。そのうち1件は離陸前キャンセル。他の3件に出動し対応しました。

(1)袋井消防より要請→ 磐田市立病院にドクターカー方式で搬送

20151021191322e77.jpg

(2)浜松消防より要請→浜松赤十字病院にドクターカー方式で搬送

201510211913245ee.jpg

出動救急隊・支援隊の皆様、受け入れ医療機関の皆様、迅速な対応をありがとうございました。

こちらを終えて、基地病院帰投中に次事案の要請あり。情報収集と給油の後に離陸。静岡県東部ドクターヘリからの応援要請で、伊豆半島への出動となります。

(3)田方消防より要請→西部基地病院にドクターヘリ搬送

本事案は、同じ静岡県内でも地域事情も医療事情もかなり異なる東部地域への出動です。遠隔地のため機体の燃料にも気を配りつつ、更に夕刻前のため日没時刻も迫りつつある状況でした。一方で患者さんに適した医療機関への確実な搬送を考え、特に収容先の病院手配に難渋しました。

そんな中、東西ドクターヘリ基地病院のCS、そしてCSをサポートするそれぞれの基地病院スタッフの皆様に大変お世話になりました。

西部ドクターヘリとしては珍しく、往復約60分+現場活動の長いミッションとなりました。

静岡県は横に広いため、ドクターヘリは東西2機体制です。東西基地病院は医療圏が異なるため、それぞれのスタッフが日常診療で顔を合わせる事は稀です。だからこそ、訓練や研修や事後検証会等の場で、互いの顔の見える関係を作ることの重要性を改めて痛感しました。

今後とも益々の連携を宜しくお願い申し上げます。







3連休最終日

皆さん、こんばんは。
今日のブログ担当は、お久しぶり中谷です。
最近は松田先生にブログ更新、任せっきりで、すっかりさぼってしまっていました。。。

今日は3連休最終日。
天気も快晴で、最高のお出かけ日和でしたね。
そんな中、今日も元気に働かせて頂いています。ヨッシャー!!
今日のヘリ担当は中谷と、安定感抜群ベテラン宍戸Ns.、
OJTはこども病院から研修に来て頂いている、現在救急科紅一点松本先生の3人体制でした。
松本先生も少しずつ、当院に慣れてきて頂いているでしょうか??

そんな3人で今日のドクターヘリ要請は2件。
いずれも浜松市北部山間部からの要請でした。
陸路ではいずれも1時間以上かかる道程ですが、
ヘリなら10分程度で現着です。

20151012174551.jpg
           鷲沢地区の風力発電。視程がクリアーな日でした。

1例目はOJTの松本先生にもヘリでの患者搬送まで完了して頂きました。
2例目は家族同乗の関係でOJT出動出来ませんでしたが、今日は少し経験値UPしたことと思われます。
いずれの症例も、内容はそれほど困難な症例ではありませんでしたが、
それはそれで学ぶことは沢山あり、普段院内では余り考慮することはない運航や現場の安全、
現場救急ならではの処置に苦慮する点などを経験していただけたと思います。

20151012174613.jpg
     遠くに最近初冠雪した富士山が見えます。今日は景色も綺麗でした。

12月までの長丁場ですが、しっかりドクターヘリを経験、研修して帰っていただきたいと思っています。
現場救急でしか出来ない経験は、病院で患者さんを受ける側にとっても、とても有意義な物になると思います。

松本せんせい デビュー‼

みなさん お久しぶりです(^_-)-☆
フライトナースのすずきです。

10月8日の担当は松浦せんせいとわたくしすずきと本日デビューとなります、静岡県立こども病院から研修に来られている松本せんせいの3名での担当となりました。

松本せんせいは本日よりドクターヘリデビューということで、かなり緊張された表情?で身支度をされておりました。
また朝の点検も一緒に行っていただきました。真剣に資器材を確認しつつ、時折、冗談を言いつつ(もちろん緊張をほぐすためですよっ♡)行った成果か、点検終了時には笑顔で記念撮影に応じていただけました!

FullSizeRender.jpg
一番右が松本せんせいですっ!

本日は1件の要請をいただき、松本せんせいの初フライトとなりました。現場での活動を一緒に行い、搬送は松浦せんせいとすずきで担当させていただき、松本せんせいは合流場所から陸路で基地病院まで一人で帰っていていただきました。行きはヘリで15分程度でしたが、帰りは2~3時間程かかり、無事に帰院されました。改めてヘリコプターの機動力を身をもって体感されたことと思います。本当にお疲れさまでした。今日はゆっくり休んでくださいね!
そして、我々は静岡市内の病院へ搬送させていただきました。快く受け入れていただきありがとうございました。
搬入後はいつも通り、静岡ヘリポートに給油のためお邪魔しました。

IMG_3147.jpg
だいぶと静岡市内も稲刈りが進んでいました。食欲の秋!そして新米の季節ですね!

IMG_3155.jpg
浜松市浜北区上空です

基地病院へ帰投後は風が強く、運休となりました。
待機終了後、屋上で強風の中、きれいな夕日を浴びているBell429でした。
IMG_3166.jpg

初!搬入

朝晩とすっかり秋の気配ですね。
みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。
連日OJTの松田です。
本日は昨日に引き続き有賀さんと、病棟兼務の志賀先生にてフライトでした。

本日の要請は二件、磐田消防から一件と湖西消防から一件、いずれも応需できました。

前者は転落外傷と言う事で重症を想定し、最初からトップギアに入れて接触し。様々な因子を勘案して、聖隷浜松病院にヘリで搬送としました。

実は聖隷浜松病院、今月1日から屋上ヘリポートが解禁となりました。先日のテストフライトに続く初のフライトに幾許かの緊張を抱きつつテイクオフ、短時間で搬送完了できました。


そして、続く二件目も外傷でした。救急隊からの事前情報のおかげで、こちらも諸々準備をしながら接触。ベテランナースの手腕もあり、スムーズに処置終了、安全に搬送開始とできました。搬送先の選定には、こちらも種々の因子を勘案しましたが、聖隷浜松病院を選定し、快く受け入れていただく事ができました。搬送方法はやはりドクターヘリ、搬送時間がぐっと短縮され改めて機動力の高さを実感しました。

いずれの事案も快く受け入れて下さった聖隷浜松病院、そして、要請・各種調整をいただいた消防関係の皆様、誠にありがとうございました。聖隷浜松病院は本日、他県からもヘリ搬送を受けていたようで、シルバーウィーク中に稼働となった新ERも大忙しの様子でしたが、今後ともよろしくお願いします。

いつか来た場所へ

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。

救急科の松田です。

本日休日にて飛び入りOJTをやっていました。先月までは満ち満ちに詰まっていたOJTの予定ですが、今月からは研修医OJTがなく、少し余裕があります。経験値アップとスキルアップを目標に今月からは適宜休日OJTを再開したいと密かに企んでいます。

さて、そんな本日はメインドクターは矢野先生、フライトナースとして有賀さん。ベテランドクター・ナースであり、何かと心強い心持ちでした。本日は要請一件、出動一件でしたが、藤枝へのフライトでした。

学生時代、藤枝市立病院を見学させてもらった事などを思い出し、搬送先を検討しながらフライトしていました。傷病者への迅速な処置を目標にしつつ、機内で準備を始めます。市内からかなり離れたところでしたが、ロードアンドゴーの判断で素早く現場離脱した救急車に搬送途上で合流、気管挿管などの蘇生を行いながら、搬送先の病院を目指しました。

快く搬入を受け入れてくれた藤枝市立病院に到着。十分なマンパワーにより治療が継続されていくのを確認、引き継ぎの後、離脱となりました。受け入れを快諾していただいた藤枝市立病院の皆様、本当にありがとうございました。

本日は自分にとっても学びの多い活動でした。ベテランスタッフと遜色無い、もしくはそれを超えるような活動を目指して、精進を重ねたいと思います。

10月に入りました

救急科 志賀です。

10月に入り、ここ浜松でも秋の気配を感じるようになりました。ブログも久し振りの更新になります。

本日のドクターヘリ医療スタッフは、志賀・OJTは仲間先生・フライトナースは大瀧さん。

出動は1件でした。
(1)菊川消防より要請→中東遠総合医療センターにヘリ搬送

出動救急隊とドクターヘリとの合流地点は、菊川市消防防災ヘリポート。4月のブログでもご紹介させて頂きましたが、新築された消防庁舎の敷地内に設備された、広くて新しいヘリポートです。消防庁舎内と言う点で、安全確保の面は勿論、消防力の面でマンパワーに余裕が生じ、出動隊に加えてより多くの消防職員さんとの協同がしやすくなります。

20151004192801d2b.jpg

菊川市内への出動の際には、予想通りにこちらのヘリポートに離着陸する機会がグッと増えてきました。本日もお世話になり、ありがとうございました。また、収用先の中東遠総合医療センターの皆様、ありがとうございました。

仲間先生も久し振りのOJTとなります。普段は消化器内科の第一線でご活躍ですが、ドクターヘリOJTでプレホスピタルケアにも挑戦されておられます。本日も現場活動をリードして頂きました、お疲れ様でした。

最後にご連絡です。今月のドクターヘリ事後検証会は、都合により日程が10/27(火)に変更となります。参加予定の方は、改めて日程の確認をお願いします。








このページのトップへ