聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

Official独り立ち2日目

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
救急科の松田です。
ここ数日、冷たい風や雪の日が続いていましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
本日は晴天で風も強くなく、終日全域に対応可能でした。
そんな本日のヘリ担当はわたくし松田と、大瀧ナースでした。
そう、本日は、当方ヘリ独り立ち2日目であり、些か緊張して開始時間を迎えました。
さて、そんな本日の要請は一件、中東遠指令からの入電でした。
要請が入るや否や、直ちに屋上ヘリポートに向かい、テイク・オフとなりました。
事前情報では交通事故とのことであり、傷病者数は何人か、現場には接近可能か、傷病者は救出済みか、などなど、現着までに様々なことを考慮します。
今回は幸いにして現場直近に着陸適地があり、そちらからドクター・ナースを投入、足早に現場へと向かいます。
現場処置を完了後、ドクターヘリにて中東遠医療センターに搬送となりました。
広い中東遠管内の救急を引き受けて大変に多忙な中を快く受け入れていただき、ありがとうございました。

帰投中、東の山並みから富士山が頭一つ高く見えていました。
新年になり寒い日も多くなり、体調が崩れやすくなっています。
皆様、体調にはくれぐれもお気を付けてお過ごしください。
それでは、また!

平成27年度 志太消防出張シミュレーション訓練

救急科 志賀です。

全国的な寒波の影響で、今朝の浜松市は雪。ヘリポートにも少し雪が積もりました。

20160120151523bcf.jpg

本日は志太消防(焼津市・藤枝市)への出張ドクターヘリシミュレーション訓練。フライトドクターは志賀・松田先生、フライトナースは杉山さん・有賀さんが、焼津消防署 大井川分署にお邪魔し参加させて頂きました。

実技訓練を2例実施。

2016012015152591d.jpg

実際の救急事案にまず救急隊が出動。指令内容から重症が想定され、直ちにドクターヘリも要請。

先着の救急隊が現場活動開始→現場や傷病者の状況をドクターヘリに消防無線で送信。

20160120151531437.jpg

ドクターヘリ着陸→医師・看護師が合流。現場活動→3次医療機関へ搬送開始して訓練終了。

20160120151534c2b.jpg

訓練後はグループディスカッション形式で振り返り。「情報共有」「互いの連携」等、それぞれのテーマについて話し合い、順に意見を発表します。

20160120151529477.jpg

志太消防への出張シミュレーション訓練は3年目になります。今年はドクターヘリ要請時の基本的な対応から一歩進んで、複数傷病者事案へも幅を広げました。

厳しい寒さと緊張の中で参加された志太消防及び近隣の消防の皆様、本当にお疲れ様でした。

医療側にも消防側にもお互いに新しい視点や発見が毎回あり、こういった訓練は大切と実感します。今後も益々の連携を宜しくお願い申し上げます。










Official独り立ち1日目

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。
聖隷三方原病院救急科の松田です。
年末年始の色々を経て、世の中全体が通常運行になってきましたね。
それに伴って(?)私にも変化が…
そんな塩梅で、本日からヘリ当番独り立ちの松田です。
先月までは基本的に全例先輩医師との出動で、単独出動はケースを選択しての対応でした。
しかし、本日からは単独当番が標準となりますので、一層に緊張感を伴う仕事になります。

浜松はすっかり冬の装い…と言っても雪の無い過ごしやすい気候です!
さてさて、そんな独り立ち1日目はベテランナースの有賀さんとの出動。
3件の要請をいただきましたが、内2件は軽症キャンセル、1件のみの対応となりました。
1件は佐久間病院からの転院依頼でした。
昨年度1ヶ月の間に指導をいただいた先生から依頼の電話をいただき、傷病者情報を集めて、想定されるリスクを見積もりながら搬送の準備を進めます。
この依頼を受けた直後、他事案でも時間差を持って要請を受けており、続投を前提とした搬送プランを作成し、Take Offしました。
搬送中、重複要請事案は救急隊のみ対応となりましたが、過不足ない活動での最小の現場滞在時間を目標に活動を行い、基地病院へ帰投しました。
帰投後は直ちに専門科の介入を受け、最短時間での根本治療開始に成功しました。
前医での適切な初期診断及び初期対応から始まる救命の連鎖が、個々のパートでベストを尽くす事で有機的に機能した結果かな、と感じています。

本日は、他事案は全てキャンセルでしたが、迅速な要請ありがとうございます!
ところで、ランデブーポイントであった佐久間出張所ヘリポートには見慣れた顔が…!
なんと夏場にはOJTも経験し、現在は佐久間病院で地域医療研修中の小川医師の姿がありました。
夜間休日問わず全ての施設が基本的にはフル稼働且つ各科対応が可能な当院とは異なる環境にてカルチャーショックを受けながらも自分自身の技量などを見つめ直して一つ大きくなってくれれば幸いです。

3連休

救急科 志賀です。

本日は連休2日目。ドクターヘリは、志賀とフライトナースの有賀さんがスタンバイ。

出動は4件でした。

まず湖西消防より要請あり。この時点で基地病院には2回連続して、浜松市消防ヘリで他の傷病者の搬入が予定されています。傷病者の集中を避けるのと、安全運航の為に基地病院屋上ヘリポートへの離発着の複雑化を避けることも考え、浜松医療センターに受け入れて頂きドクターヘリで搬送しました。

201601102212069ef.jpg

次いで帰投の際に再び湖西消防からの要請あり、燃料と医療資器材を補充して現場に向かいます。複数傷病者事案、初期トリアージは赤傷病者2名。一方でこちらはOJT無く医師と看護師が1名ずつ。搬送先と搬送方法を短い時間で検討せねばなりません。

実際に合流してみると、2名とも医療搬送が必要と判断。変則的かつ例外的ですが、医師と看護師が二手に別れて
・有賀さんが赤傷病者1名を、ドクターヘリで基地病院へ
・志賀がもう1名の赤傷病者を、ドクターカー方式で聖隷浜松病院へ
それぞれ分散搬送を行いました。

更に、志賀が搬送を終えてタクシーで帰投の際に要請あり。先に帰投した有賀さんとセカンドドクターの松田先生のペアで、浜松消防→次いで掛川消防からの連続要請に対応しました。

本日は全件で現着前の要請を頂いたことで、早期の対応と搬送に繋げることが出来ました。強い風と寒さの中で活動された消防機関の皆様、お疲れ様でした。

また、大変慌ただしい中で二つ返事で傷病者を受け入れて下さった医療機関の皆様、本当にありがとうございました。

明日は連休最終日、引き続き宜しくお願い申し上げます。


静岡県は2機体制。

みなさん、こんにちは。
今日のブログ担当は中谷です。

静岡県は毎日快晴続き。というか、雨降ってないですねぇ。長いこと・・・
今日も快晴な静岡県ですが、気温は少しずつ下がっている気がします。
風邪や発熱の患者さんも増えてきており、毎日のうがい手洗いがかかせません。

今日のドクターヘリですが、担当は私と山田Ns.、
OJTとして今月から静岡県立こども病院より研修にいらした冨田先生の3人体制でした。
冨田先生は今日が初のOJTでしたが、早速始業前点検中に要請が。
静岡東部ドクターヘリの応援要請で、伊豆地方への出動でした。
さすがに伊豆で置いてけぼりになるのは、帰投困難になるので、
しょっぱなですが、冨田先生はお留守番となってしまいました。。。

20160108143939.jpg
               大瀬崎と富士山。快晴です。

伊豆の最南端、下田地域からの搬送でしたが、
搬送中はかなりの強風で、機体がかなり揺れて、色々と困難を伴いましたが、
無事にミッション終了。静岡ヘリポートで給油して帰投となりました。

20160108144018.jpg
              下田漁港。ヨットが泊まって素敵ですね。

静岡県には2機のドクターヘリがあります。
ほとんどの県ではドクターヘリは1県1機(北海道は4機、青森や長野、千葉、兵庫は2機体制)ですので、
2機体制の静岡県はドクターヘリに関しては、恵まれた環境にあります。
今回の様に東部のヘリが対応できないときは、我々西部が応援に行きますし、
逆の応援もお願いすることが多くあります。
本来は県の事業なので、県内の活動がメインのドクターヘリですが、
静岡県西部は愛知と、静岡県東部は神奈川、山梨と協定を結び、
それぞれ臨機応変に応援を行なって、少しでも多くの患者さんの元に駆けつけれるよう工夫しています。

20160108143959.jpg
              富士山の上に笠雲が出ていました。

静岡県は2機体制。
東部と西部は機体も違うので、静岡県内でドクターヘリを見掛けた際は、
どちらのヘリか見分けてみて下さい。
よーく見ると、機体にヒントがありますよ。

年末年始が明けました

救急科 志賀です。

ちょっと遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。

救急にとって慌ただしい年末年始も終わりました。1月4日以降は通常業務に戻っています。

1月5日のドクターヘリは、志賀・フライトナースは宍戸さんがスタンバイ。出動は1件、浜松消防より要請あり。

ヘリは運動広場に着陸し、救急隊と合流。時折非常に強い風が吹く中の現場活動でした。

日没間際で搬送先が限定される状況でもあり、基地病院にドクターヘリで搬送し対応しています。

160105_163359 2

1月6日のドクターヘリは、志賀・フライトナースは山田さんがスタンバイ。出動は1件、浜松消防より要請あり。

ヘリは海岸の駐車場に着陸し、救急隊と合流。愛知県の豊橋市民病院にドクターヘリで搬送しています。

160106_141156 2

大変お忙しい中、二つ返事で搬送を受け入れて下さいまして本当にありがとうございました。

ここ数日は西風が入り、日中は真冬とは思えない暖かさになることもあります。但し常に風はあり、特に上空ではやや強い時もあります。そんな時でも、Bell429は一貫して安定して飛行しています。

フライトスタッフとしては、静岡県立こども病院からの松本先生が12月で研修を終えられ、新年1月からは冨田先生がお見えです。また御紹介させて頂く予定です。

尚、このブログはフライトスタッフの有志で担当しており、どうしても更新が時々になってしまいます。静岡県西部ドクターヘリの活動の様子を、可能な範囲で情報発信して行ければ、と思います。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
このページのトップへ