聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

平成27年度 静岡県消防学校講義

救急科 志賀です。

今年も静岡県消防学校(静岡市清水区)にお邪魔して、救急隊員を目指す学生さんの講義を担当させて頂きました。

20160225173541612.jpg

午前は「ドクターヘリ」。ミニ講義に続いてデモDVDを供覧し、スモールグループディスカッション。各グループで、消防側とドクターヘリ側との円滑な連携のための工夫について話し合い、発表します。

20160225173548ae1.jpg

続いてドクターヘリシミュレーション訓練「基礎編」。今回は
(1)早期ドクターヘリ要請
(2)救急隊→ドクターヘリへの消防無線を用いた患者情報伝達
(3)ヘリと合流後の救急車内活動
これらに焦点を絞ります。

一例目は県東部:沼津消防チームが、二例目は県西部:浜松消防チームがそれぞれ挑戦しました。

20160225173549342.jpg

午後は脳卒中シミュレーション(PSLS)。血栓溶解療法も視野に入れた現場活動について、132名の学生さんが4人一組に分かれ、それぞれに全県から派遣された先輩救命士・救急隊員さん達が付いて指導に入り、実技訓練を行いました。

20160225173544c63.jpg

救急科の講義は明日で終了。学生さん達は明後日以降、救急隊員として随時救急現場に向かうことになります。

二ヶ月間で学んだ知識と経験を是非活用して、現場で頑張って頂きたいです。

20160225173543d33.jpg






冨田先生活躍中!!

みなさん,こんばんは.
今日も久しぶりのブログ担当は中谷です.

もうすぐ3月ということもありますが,すでに日中は結構暖かくなってきましたね.
春はもうすぐそこまで来てますね.
相変わらず風は強い浜松ですが,運休の日は少しずつ減ってきています.

今日のヘリ当番は私と宍戸Ns.,OJTはこども病院の冨田先生.
冨田先生は既にかなりの数の現場経験を積んでおり,
すっかりたのもしい存在になっています.
ただ,冨田先生のいる日はERもヘリも荒れるというジンクスが・・・

そんな冨田先生率いる今日のフライトは要請3件.
2件はキャンセルとなりましたが,夕方最後に浜松山間部からの要請.
内因の重症疾患でしたが,冨田先生により適切な処置の後,
浜松医療センターさんまで,私が搬送させていただきました.

現場では無線交信も出来ないような環境で確実なランデブーや,
その後の搬送方法など,いろいろ考えさせられる事が多い症例でした.
患者さんは重症でしたが,出来うる最大の処置を行えたと思っています.
1日も早い回復をお祈りいたします.

20160224184736.jpg
                 帰投中に浜松の夕焼けです.

OJTでもある冨田先生は浜松のかなり山奥の山間部に一人取り残されてしまいました.
しかし・・・なんと自分の携帯をCSに忘れてしまい,連絡が付かず・・・
なんとか自力で病院に帰ってきましたが,みんな心配してましたよ♪

冨田先生も残り1ヶ月の研修となりましたが,
最後までお手柔らかに(荒らさずに(笑)),お願いしますm(_ _)m

久しぶりの現場活動。

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当はちょー久しぶりの中谷が担当します。
最近は冬の浜松恒例である遠州のからっ風で、ヘリ運休となる事が多く、
関係する消防機関の皆様には、大変御迷惑をおかけしていると思います。
今日も比較的風の強い一日でしたが、運休することなく一日終了することが出来ました。

今日のヘリ担当は私と山田Ns.。OJTは医療者ではなく中日本航空整備士の南部さん。
運航会社もどんどん増えていくドクターヘリの需要に応えるべく、
機長、整備士、CSさんを養成していますが、我々医療者のOJTの合間を縫ってOJTを行ってくれています。

今日のヘリ要請は2件。
1件は早朝7時30分の要請でしたが、未だ機体の準備が出来ておらず、
準備を行なっている間に救急隊現着後にドクターヘリはキャンセルとなりました。

2件目は浜松市内北部山間部での交通救助事案でしたが、
ドクターヘリは救急隊と同着。いち早く現場で医療介入を行ない、
その後救助隊の到着を待ち、救助後にドクターヘリにて当院へ搬送してきています。

私自身が最近現場活動に当たっておらず(平和の使者(^_^)v)、久しぶりの現場活動でしたが、
救急隊、救助隊、警察も連携し現場の安全確保、早期の医療介入、素早い救助作業の後に、
ドクターヘリを用いた迅速な病院搬送を行なうことができました。
普段から訓練等で顔を合わせる事も多い消防隊の皆さんで、
改めて訓練の重要性を再認識した今日の活動でした。

今後も定期的に各消防署を回って出張訓練を行なっていく予定ですが、
顔の見える関係から、スムーズな現場活動へ今後も繋げていける様に頑張っていきたいと思う活動となりました。
明日もヘリ当番ですが、寒さに負けずに頑張ります!!

沢山の協力

救急科 志賀です。久しぶりの更新となります。

昨日2月6日のドクターヘリは松田先生、志賀、フライトナースの杉山さんがスタンバイ。

出動要請は計4件、うち2件へ対応しました。

(1)浜松消防より要請→浜松医療センターにドクターヘリで搬送

週末でしたが、いつも通り屋上ヘリポートで迅速に引き継ぎさせて頂きました。ありがとうございました。

2016020707465814e.jpg

(2)浜松消防より要請→基地病院にドクターカー方式で搬送

ヘリは現場最寄りの休耕田に着陸し、医療スタッフはそこから徒歩で救助現場に向かいます。上から見るよりも結構な距離があるため、先ず松田先生と杉山さんが先行。次いで自分が資機材を担いで、現場を目指して走りますが・・・かなりの登り坂で、現場はその頂上。

その時、同じ様に坂を登ってきたパトカーが脇に停まり、警察の方から「乗って下さい」と手と目線で合図あり。お言葉に甘えて、現場側まで送って頂きました。

お陰様で傷病者により早く接触出来ました。更に、息切れすることなく現場活動に専念する事が出来ました。時間としては恐らく数分の出来事でしたが、その判断とご厚意に深く感謝します。ありがとうございました。

尚、(2)対応中に志太消防より重複要請あり、時間軸と地理的条件を勘案してし静岡県東部ドクターヘリに応援要請して対応して頂きました。西部管内への出動、ありがとうございました。

更に夕刻に島田消防より要請頂きましたが、日没時刻間際のため不応需。申し訳ありませんでした。

ドクターヘリの活動は、当事者である消防機関や我々に加えて、近隣医療機関・他ドクターヘリ・警察等の他機関・地域の方々など、多くの協力の上で成り立っていると改めて感じます。皆様本当にありがとうございます。
このページのトップへ