聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

ゴールデンウィーク始まり。

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当は中谷です。

世の中ゴールデンウィークがスタートしましたが、さっそく快晴にも恵まれ行楽日和ですね。
私も先日地元サッカーチームのジュビロ磐田の応援へ息子といってきました。
結果は1-0でサンフレッチェ広島に快勝!!
夜勤明けの疲れも吹っ飛ぶ楽しさでしたが、日差しが強くかなり日焼けしてしまい、
今日は顔面真っ赤で、ひりひり辛い一日でした。

そんな今日はヘリ当番でしたが、今月最後の要請は3件。
2件は救急隊現着後、軽症キャンセルでした。
1件は志太榛原地区からの内因性の要請でしたが、
遠方への搬送も考慮してのドクターヘリ活動となりました。

20160430185311.jpg
         今日は何処までも見渡せそうな快晴でした!!

今日で4月も終わりですが、今月の静岡県西部ドクターヘリは要請79件。
その中で不対応20件となりました。
悪天候や重複要請で約25%がドクターヘリで対応できない結果となってしまい残念ですが、
そんな中でも可能な限りドクターカーや消防ヘリのご協力を頂き対応するようにしています。

20160430185246.jpg

ゴールデンウィーク始まったばかりですが、大きな事故も頻発しています。
みなさんお気をつけて楽しいゴールデンウィークをお過ごし下さい!!

第179回静岡県西部ドクターヘリ事後検証会

救急科 志賀です。

本日は今年度初めてのドクターヘリ事後検証会。前月3月の事例の振り返りを行いました。

・複数傷病者に複数のドクターヘリで対応した例
・洋上救急に海上保安庁、航空自衛隊、消防機関、ドクターヘリで対応した例

いづれも多機関に渡る事例です。それぞれの活動内容を時系列に沿って丁寧に振り返ることで互いの理解が深まり、そして顔の見える関係も構築され、連携が深まるものと思います。また、稀な事例の経験を全体で共有することも今後の活動に役立つ筈です。

本日は非常に多くの皆様にご参加頂きました。遅めの時間まで、本当にお疲れ様でした。

20160428205740fe8.jpg

遠州灘

みなさんこんにちは!フライトナースのすずきです 
4/18のフライト当番は志賀せんせいとわたくしすずきの2名でした。
本日の要請は4件 うち2件に対応させていただきました。残りの1件は離陸前にキャンセル もう1件は要請重複となり、調整中にキャンセルとなりました。

本日の遠州地方は青空も見えますが、雲も多めでした。また、それほど強くはありませんが、風もあり、日陰ではやや涼しいかなといった天気でした。
そのためか、本日遠州灘上空を飛行する機会がありましたが、海岸付近はうねりのあるようなないような(専門的知識がなくあくまで勘ですが…)、やや白波が立っておりました(いつもと変わらないようでしたらごめんなさいね)。

浜松市は北は愛知県と長野県に接し、山間部の自然豊かなところで、よく当ブログにも登場しています!
本日は久しぶりに浜松市の南側へ出動があり、ちょっとご紹介!
遠州灘という太平洋に面した海岸線が続いています。ここは中田島砂丘があります。砂丘といえば鳥取砂丘が全国的に有名ですが、ここ浜松にも砂丘があるのです。ここはウミガメの産卵地でもあるんですよ!
また、5/3~5/5のゴールデンウィークには浜松まつりの凧揚げ会場もあります。


遠州灘から中島砂丘、凧揚げ会場、浜松市街を望んで

IMG_3918.jpg
馬込川河口付近の遠州灘

ブログをご覧の皆さま また、機会があれば、山に海に浜名湖に!自然がいっぱいの浜松へ是非足を運んでみませんか!

IMG_3943.jpg
聖隷浜松病院屋上ヘリポートから浜松市街、遠州灘方面を望む

大原先生デビュー!!

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当は、お久しぶりの中谷でございます。

熊本では大震災が起き、DMATも活躍しているようですが、
被災地の皆様の一日も早い回復をお祈りいたします。
遠く浜松からも応援しています!!

さて、新年度を迎えまして、当科も新たな仲間が加わりました。
去年までの仲間の松浦先生、松田先生の抜けた大きな穴を埋めるべく、
期待の大型補強、大原先生が入職されました。

20160415192806.jpg
           見よ、この爽やかな笑顔。チョーイケメンです!!

実は大原先生は今日で3日目のドクターヘリOJTとなりますが、前日2日間は要請が無く、
未だ実出動は経験しておりませんでした。
そんな中、今日の要請は怒濤の8件!!
朝一番から出動しっぱなしでした。

20160415192834.jpg
            浜名湖から弁天島方面をのぞんでいます。

内因、外因色々な症例がありましたが、
いずれも各消防機関、近隣の医療機関にご協力頂き、無事に搬送出来ております。
また今日はドクターカー、消防ヘリにもご協力頂き、幅広い活動を行なうことが出来ました。

大原先生も一日で色々な経験を積むことが出来、独り立ちへ向けて着実に進歩されたことでしょう。
更なる修練を積んで、一日も早くかっちょいいフライトドクターになって下さいね。
みんな期待しています!!

今年度の事後検証会

救急科 志賀です。

早いもので、4月ももうすぐ1週間です。本日のドクターヘリ医療スタッフは、最近組むことの多い志賀・フライトナース杉山さんのペアです。

出動は2件。前者は離陸前キャンセル。後者は志太消防より要請→静岡県立こども病院にヘリ搬送。

20160406183243230.jpg

覚知直後の素早いヘリ要請、指揮隊・着陸支援隊・救急隊の配置、ヘリポートの確実な安全確保、そしてヘリ着陸と救急車到着がほぼ同刻となるようなヘリポートの位置設定。全て非常にスムーズに進めて頂いたお陰で、患者さんと極早期に接触する事が出来ました。志太消防の皆様、ありがとうございました。

迅速な根治治療に繋げて頂いた静岡県立こども病院の皆様、本当にありがとうございました。

20160406183245af7.jpg

さて、平成28年度上半期の静岡県西部ドクターヘリ事後検証会のご案内です。

第179回 4月28日(木)
第180回 5月30日(月)
第181回 6月28日(火)
第182回 7月28日(木)
第183回 8月26日(金)
第184回 9月27日(火)

場所:聖隷三方原病院 救急棟3階 大ホール

時間:18時~

対象:医療従事者及び消防職員 

*都合により変更となる場合があります。
*下半期の予定は後日ご案内します。

新年度もよろしくお願いします!

皆さまご無沙汰しております。フライトナースのすずきです!
本来、4月2日に書く予定でしたが、2日も3日も子供と共に夢の中へ旅立ってしまい、本日に至ってしまいました...
今夜は何とか、奥様に寝かしつけを半ば強引にお願いし、パソコンに血走った眼で向かっております(´◉◞౪◟◉)

4月2日のヘリ当番は志賀せんせいとわたくしすずきの2名体制で久しぶりのOJTなしでの活動となりました。

8時を少し回ったスタンバイ前にホットラインが入り、本年度ドクターヘリ出動1件目の事案に出動しました。
この事案では救急車で搬送していた場合、40分ほどかかるところをヘリで7分+救急車で数分で搬送することができました。
搬送時にヘリは一足早く基地病院へ帰投し、自分たちはタクシーで帰院することとなりましたが、その間、別事案の要請が入り、一足早く帰ったヘリでセカンドチーム(岩倉せんせいと宍戸ナース)が対応できました。
更に午後にもう一件要請をいただきましたが、離陸直後にキャンセルとなり、三方原上空を一回りして帰投しました。

ふっと、ヘリの窓から地上を見てみると、あちらこちらで桜の花がきれいなピンク色を見せてくれていました。病院の周りも桜の木がたくさんあり、春だなぁ~とちょっホッコリさせてくれます。

実はこの季節、ヘリで上空から桜を見る機会が毎年ありますが、桜はやっぱり、上空からではなく、下から(特に宴会をしながら)見上げたほうが、空の青色とのコントラストで一段ときれいに見えるもんなんですよ!
なお、桜の木に近いところへヘリが着陸する際は、残念ながらダウンウォッシュで花吹雪を引き起こす可能性がありますのであしからず・・・
2016040217491501f.jpg

2016040217493257d.jpg
満開まではあとちょっとといったところでしょうか

そして新入学・新入社の季節ですね!
新たに入学・入職される方!おめでとうございます‼‼

本年度も是非、聖隷三方原病院 高度救命救急センター ドクターヘリのブログ 並びにフライトスタッフへの応援のほど、よろしくお願いいたします!

消防ヘリピックアップ

救急科 志賀です。
 
平成28年度が始まりました。ドクターヘリ医療スタッフは昨日と同じく、志賀とフライトナースの杉山さんです。

本日の静岡県西部地域は雨模様、ドクターヘリはスタンバイ開始後しばらくして天候不良のため運休となりました。
 
一方で出動要請は2件、いづれもドクターヘリでは対応不可。しかし前者は市内最北東部の山間地の事案であり、消防指令センターとの調整の結果、浜松市消防ヘリで対応の方針となりました。
 
消防ヘリは消防ヘリポートを速やかに離陸、間もなく当院屋上に飛来。医師看護師をピックアップして現場に向かいます。

現場最寄りのヘリポートで出動救急隊と合流、患者さんを機内収容後に基地病院に搬送を行いました。

20160401183919b65.jpg

陸路搬送の所要時間は1時間半前後。一方消防ヘリでの搬送時間は約10分であり、搬送時間が大幅に短縮しそのまま早期の根治治療に繋がります。

昨年平成27年度の消防ヘリピックアップ形式の出動は6件、いづれも重複要請や天候不良によりドクターヘリが対応出来ない事案への対応でした。消防航空隊の皆様、今年度も一層の連携をお願い申し上げます。


このページのトップへ