聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

熊本地震から学ぶ被災者支援勉強会

救急科 志賀です。

8月12日(金)、磐田市で開催された「熊本地震から学ぶ被災者支援勉強会」に参加させて頂きました。

160812_184512 (1)

まず平成28年度熊本地震に派遣された医療救護班として、当院と磐田市立病院のチームから活動報告を行ないました。

当院:「本部運営から見えてきた、亜急性期における保健師支援の全体像」

14012795_10202125374413343_163384602_o.jpg

磐田市立病院:「熊本地震での病院支援と看護ニーズ」

13987678_10202125374693350_194271152_o.jpg

磐田市立病院:「急性期災害医療からの移行」 

14001936_10202125374613348_530248028_o.jpg

その後、現地で支援を行なった磐田市の保健師さんも報告を行ないました。

災害の亜急性期の被災者支援に関する報告を通して、特に保健師に求められる多岐に渡る役割、そして病院支援における看護師の役割について全体で共有しました。

更にもしも当地が災害に遭った場合の地域の組織作りや受援のあり方についても、報告を踏まえた意見交換を行ないました。

主催である磐田市役所健康増進課を始めとした市職員さんに加えて、保健師さん、両院の病院職員、医師会・薬剤師会など多くの方々にご参加頂きました。

今回の勉強会は、市の枠を越えた情報共有の場として非常に貴重な機会であったと思います。参加させて頂きありがとうございました。

平時の医療に加えて災害時の対応などにおいても、今後とも益々の連携を宜しくお願い申し上げます。

出動総件数 8,000件

救急科 志賀です。

昨日8月4日の時点で、静岡県西部ドクターヘリ出動の総件数が8,000件となりました。

20160805194005a0f.jpg

平成13年10月のドクターヘリ本運航開始から15年目。歴代スタッフによる1日1日の安全運航の積み重ねが本日に続いています。

また関係各機関並びに地域の皆様のドクターヘリ事業へのご協力、本当にありがとうございます。

同じく、当院ドクターヘリ Bell429/JA01DW が導入4年半で総飛行時間1000時間を越えました。

8月に入り、猛暑日が続きます。ドクターヘリもスタッフも、暑さに備えつつ今日もスタンバイしています。

201608051940104f9.jpg

佐藤Dr.初フライト!!

みなさん、こんにちは。
今回は短めのブログ更新です(^_^)

今日のブログ担当は中谷。間もなく夏休み頂き、しばらく九州へ帰省しちゃいます。
その前にブログを更新。いない間は志賀先生よろしくね。
今日のヘリ当番は私と、大瀧NS.、そして研修医2年目の佐藤先生が初OJTでした。

20160803160413 (1)
    真ん中が佐藤佐藤先生。見た目以上にやる気あります!!

初出動前の機材点検では、全てが初めてでやや緊張気味でしたが、
今日はお作法を学んで頂こうと、少し丁寧に説明しながらチェックしている時に出動コール・・・

初日くらいはしっかり準備していきたいものですが、得てしてこういうものです。
しかし、この要請は直ぐにキャンセルとなり、無事にその後の点検も完遂することが出来ました。

20160803160358.jpg
       点検も終わり、闘志むき出しの佐藤先生!!

その後市内山間部から外傷事案の要請が入り、初現場出動を無事に果たしました。
今日はまだ動きが固かったかな??
次回もしっかり頑張りましょう。
今は研修医2年目の石原先生と2人でOJTを頑張ってくれていますが、
1ヵ月先輩の石原先生は既に現場での重症症例にどんどん処置を行い、
みるみる救急医への道を歩んでくれています。

20160803160332.jpg
          初出動現場途上。緊張の余り開眼出来ません・・・

佐藤先生も1ヵ月後には石原先生のように、現場でバリバリ活動出来るようになっていると思いますよ。
これからも一緒に頑張りましょう!!
このページのトップへ