聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防ヘリとの連携

救急科 志賀です。

いよいよ年末年始体制に入りました。救急外来には多くの方が受診されており、スタッフもほぼ総出で対応させて頂いています。

ドクターヘリ要請は2件。

うち1件目は複数傷病者事案。ドクターヘリと浜松市消防ヘリが同時要請され、救急隊員・航空隊員・ドクターヘリスタッフが現場で顔を揃えて協同。それぞれのヘリで、傷病者を基地病院を含めた市内各医療機関に分散搬送しています。

201712301950366a4.jpg

浜松医療センター屋上にて:受け入れありがとうございました。

先日の浜松消防との机上訓練でも、複数傷病者事案を取り上げました。

「複数傷病者事案に複数の救急ヘリ」で対応する上で、訓練が少しでも実践に活かされているなら幸いです。

非常に厳しい寒さの中での現場活動、本当にお疲れ様でした。


スポンサーサイト

ドクターヘリシミュレーション

救急科 志賀です。

12月4日、第18回静岡県西部ドクターヘリシミュレーション訓練を開催しました。

今回は浜松市消防局の皆様60名ほどを当院にお迎えし、10名×6グループに分かれて机上訓練を2コマ行いました。

〈訓練1〉多数傷病者事案へのドクターヘリの活用
○先着救急隊と消防指令センターとの連携(情報共有と収容照会)
○一覧表を用いた傷病者情報管理と搬送トリアージ
○重傷者の分散搬送
○ドクターヘリを要請した場合、その動線と医療チームの使い方
これらが課題に挙げられます。

20171205073400689.jpg
→一覧表を使って搬送トリアージを実施中

201712050734026ad.jpg
→小児の赤傷病者2名を、ドクターヘリと消防ヘリで、それぞれ自県と隣県の小児専門病院へ分散搬送を計画

〈訓練2〉同じ地区で「多数傷病者事案」→「別の重症外傷事案」が続いて発生した場合の対応
○2つの事案全体を俯瞰した消防力の配置
○ドクターヘリ、消防ヘリをどちらの事案にどのように活用するか
これらが課題に挙げられます。

20171205075511bfb.jpg
→前者にドクターヘリが対応、後者は消防ヘリに当院セカンドチームをピックアップしてドクターヘリ的運用で対応

*想定は全て訓練上の仮想です。

2つの訓練を通して消防の皆様から実に様々なご意見を頂いたり、ファシリテーターとして参加した当院スタッフと突っ込んだ意見交換をしたり、非常に濃い内容の訓練となりました。またそれぞれの顔の見える関係作りの場にもなったと思います。

参加された皆様、お疲れ様でした。今後益々の連携を宜しくお願い致します。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。