聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までありがとう。そして、こんにちは。

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。
救急科の松田です。

連日の真夏日で全国的に熱中症の発生率が急上昇しています。
巷の報道では熱中症症状があれば、クーリングをした上で直ちに受診を!と宣伝されていますが、それよりも何よりも重要なのは「予防」です!
本年度発表された本邦のガイドラインによると「経口補水液」なるもの(OS-1など)が予防に適していると推奨されています。
一般的には、成人で1日500-1,000mL程度を飲むことが勧められていますが、暑い日の屋外作業/スポーツでは、それでも足りないことも重々あります。
適切な休養を涼しい環境で十分に取って、無理のない生活をお過し下さい。
因みに...ご高齢の方やご持病をお持ちの方の場合、特別にスポーツなどを行ったり労働をしなかったとしても、ごく普通の生活の中で熱中症になってしまう方がいらっしゃる事も知られています。
あまり無理をなさらず、体に優しい生活を送っていただければと思います。

さて、本日のヘリ当番は、OJTとして私と、Dr.菅沼/Ns.大瀧の3人でした。
全県的に快晴であり、熱中症の大量発生が危惧されましたが、幸いにして浜松全体が比較的落ち着いているようでした。


そんな訳で本日の要請は1件、浜松が誇る観光名所:舘山寺からの要請でした。
救急隊現着後、事前情報より状態が良くないと言う救急隊の判断で、Dr.Heli要請となりました。
その後、関係各位の迅速な連携により、現場直近の遊園地駐車場に着陸となりました。
当初は当方単独での搬送も考慮しましたが、傷病者の状態を勘案し、十分な医療スタッフの配置が必要と考えられました。
最終的にはNs.大瀧も同乗の上、Dr.Car方式にて当院へ搬送としました。

ところで......
長い間、県西部Dr.Heliの活動を支えてくれたポータブルエコー(SIEMENS P10)が遂に復活不能な故障を来しました。


寂寞の念はあるものの、エコーが必要な状況は現場で頻回に遭遇しますので、喪に服す訳にも行きません。
そんな訳で本日からデモが始まったのがGE Healthcare Vscan!
心エコー・腹部エコーなど、様々な場面で活躍してくれる優れ物です。
新しい機械に慣れようと、早速みんなでトレーニング大会?を行いました。


そして......
今朝は当院初期研修医向けの「モーニングセミナー」なるものの初回でした。
トップバッターは我々救急科、そして、担当者は私......苦笑
研修医の先生方のリクエストに合わせる形で「Vital signの生理学的解釈」と題して簡単ではありますが話して参りました。
救急外来は研修を通して最も滞在時間が長い部署であると自負しておりますので、今回のレクチャーが今後の診療に役立ってくれると良いと切に願っています。
朝早くツバメが見守る中出勤した甲斐があれば良いですが…苦笑


そんなこんなで、イベント盛り沢山の1日でした。
また明日からも心身ともに健やかなる日々をお過ごし下さい!
北消防署の訓練に参加しました | Home | 真夏日が続きます
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。