聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休最終日

みなさん、こんばんは、こんにちは、そして、おはようございます。
本日で病棟当番最終日となりました、救急科の松田です。
本日はヘリOJTも兼務で空に陸にとアタフタでしたが、関係者のご配慮もあり、無事に任務完了致しました。


そんな本日のヘリ当番はメインドクター岩倉先生、フライトナースが鈴木看護師と、メンズデイでした。
要請は一件、三ケ日の内因性事案でした。
病棟業務中にヘリホットが鳴り、階段を駆け下りてヘリポートへ続くエレベータホール前で合流。
エレベータ内で簡単にブリーフィングしつつ移動します。
要請元の消防司令とコンタクトを取り、続いて現場救急隊と活動状況について連絡を取り合いつつ、あっと言う間にランデブーポイントに到着。
飛散物などに留意しつつ速やかに着陸、傷病者と接触を図ります。
診察結果から直ちに基地病院を選定、ヘリにて搬送となりました。

重症であればある程、搬送中の容態変化は生じ得ますので、機動力の高いヘリ搬送には大きなアドバンテージがあります。
その一方でヘリの中では十分な診察や介入は難しく、適応を正しく見抜く必要が生じます。
本日の事案は、そんな当たり前の事を振り返るのに足るケースだったかと思います。
ご協力いただいた関係機関の方々、本日もありがとうございました。

さて、少し長めの病棟担当、そして、連休が終わりました。
気付けば風も大分秋めいて、涼やかさが前面に立つようになってきました。
季節の変わり目には何かと心身の不調が現れ易いと感じます。
皆様、くれぐれも調子を崩されませんよう、ご自愛いただければと存じます。

それでは、また!
救急科の松田でしたー。

尚、写真はイメージです。
10月に入りました | Home | 連休4日目
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。