聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県内連携

救急科 志賀です。久し振りの更新です。

Bell429(JA01DW)の機体整備のため、代替機としてEC135(馴染みのJA115D)でのスタンバイとなります。

20151021191316937.jpg

本日のドクターヘリ医療スタッフは志賀、フライトナースは 山田さん。

要請は計4件。そのうち1件は離陸前キャンセル。他の3件に出動し対応しました。

(1)袋井消防より要請→ 磐田市立病院にドクターカー方式で搬送

20151021191322e77.jpg

(2)浜松消防より要請→浜松赤十字病院にドクターカー方式で搬送

201510211913245ee.jpg

出動救急隊・支援隊の皆様、受け入れ医療機関の皆様、迅速な対応をありがとうございました。

こちらを終えて、基地病院帰投中に次事案の要請あり。情報収集と給油の後に離陸。静岡県東部ドクターヘリからの応援要請で、伊豆半島への出動となります。

(3)田方消防より要請→西部基地病院にドクターヘリ搬送

本事案は、同じ静岡県内でも地域事情も医療事情もかなり異なる東部地域への出動です。遠隔地のため機体の燃料にも気を配りつつ、更に夕刻前のため日没時刻も迫りつつある状況でした。一方で患者さんに適した医療機関への確実な搬送を考え、特に収容先の病院手配に難渋しました。

そんな中、東西ドクターヘリ基地病院のCS、そしてCSをサポートするそれぞれの基地病院スタッフの皆様に大変お世話になりました。

西部ドクターヘリとしては珍しく、往復約60分+現場活動の長いミッションとなりました。

静岡県は横に広いため、ドクターヘリは東西2機体制です。東西基地病院は医療圏が異なるため、それぞれのスタッフが日常診療で顔を合わせる事は稀です。だからこそ、訓練や研修や事後検証会等の場で、互いの顔の見える関係を作ることの重要性を改めて痛感しました。

今後とも益々の連携を宜しくお願い申し上げます。







ちょっと長めの1週間 | Home | 3連休最終日
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。