聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと長めの1週間

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。
久々ブログ書きます、救急科の松田です。

先週日曜日からの連続勤務で病棟&Heli OJTいただいています。
当院救急科では完全チーム制を取っており、夜間は夜勤者が、日勤中は病棟担当医が責任を持って入院患者さんの診療にあたっています。
重症病態の管理はもちろんの事、複数領域にまたがり怪我をされた患者さんなど、様々な病態の患者さんがいらっしゃり、ローテーションしてくれている研修医の先生には診療を通して多くの事を学んでもらっています。

さて、そんな今週ですが、日々の出動に加えて、様々なイベントがありました。
1点目は県内で行われた合同訓練に当院からもDMAT隊員を派遣すると共に、Dr.Heliも訓練に参加してきました。
今回の訓練は消防との合同のみならず、実際に事案発生時に連携を取る警察も参加し、大変大掛かりな訓練でした。
多数傷病者事案においては医療・消防・警察・行政など、事案に関わる全員が共通認識を有することが重要であり、本訓練を通して互いの行動理念・実務について確認できたのであれば幸いと思います。
訓練を企画・召集いただいた方々、そして、実際に参加された皆様、お疲れ様でした。


そして、火曜日には当院で県西部ドクターヘリ事後検証会が開催されました。
先月あった小児の外傷事案について取り上げられ、実際に現場活動を行っていた救急隊の皆様、Dr.Heliで出動した淺井部長、そして、最終的に受け入れていただいた県立こども病院の和田先生からお話をいただきました。
和田先生は今年の1月から3月まで当院で研修をしていらっしゃった先生であり、私からすると大学時代の先輩となります。
その他、この事案に関係されていた焼津市立総合病院の看護士さんもいらっしゃり、また一歩互いの顔が見られる関係を形成できたのではないかと思います。
その後、救命救急センタースタッフはいそいそと1階の医局に集合。
来たるべき航空医療学会の予演会に励んだのでした......


このような塩梅でイベント盛り沢山であった今週ですが、多くの要請をいただいていました。
浜松市は特に風が強い町ですが、その影響もあってか転落事故が相次いでおります。
皆様、屋外で脚立に乗られる際、高所で作業される場合には、十分な注意とヘルメット着用などの安全対策をお願い致します。

浜松を吹く風が、気付けば秋の様相を呈し、間もなく訪れる冬も気配を匂わせてきました。
巷ではインフルエンザ陽性の報告も相次いでおりますので、皆様、くれぐれも体調には気を付けてお過ごし下さい。
そんな僕も医者の不養生ではいけないなと思いつつ、来たるべき学会などの課題に備えつつ、残り僅かな病棟担当を頑張りたいと思っております。

それでは、皆様、ご自愛ください。
ありがとう、柏木CS!! | Home | 県内連携
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。