聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の登山部。

みなさん、こんばんは。
今日のブログ担当は中谷です。

今日から12月。師走です。
寒気も強くなってきており、体調を崩す方が増えてきた様に感じられます。
今日のヘリ担当は私と山田Ns.の2人体制。
要請は3検。それほど重症者はなく、平穏な1日でした。

さて、タイトルにもありますが、今年も救命センター登山部の活動を行なってきたのでご報告いたします。
毎年秋口に日本の名峰を何処かしら巡っておりますが、
そもそも今年も9月の初旬に登山計画を立てて、勤務調整までしていたのですが、
生憎の雨模様。去年の苦行を思い起こし、今年は雨は避けたい気持ちが強く、
9月の登山は急遽中止とし、休みをもてあましたおじさん達は、浜名湖で釣りをしていたらしいです・・・

気を取り直して11月にもう一度計画。
今度は晴天の中、登山を無事に行なうことが出来ました。
今年の山は八ヶ岳連峰。
メンバーは隊長の矢野先生を初め、ともなり隊員と、新人の松浦隊員、そして私の4人パーティーでした。
年々、メンバーが少なくなり、高齢化が進んでいきます。

DSC07988.jpg
             赤岳鉱泉。奥に見えるのが八ヶ岳連峰です。

初日は朝に浜松を出発し、昼には過ぎには登山口である美濃戸口へ到着。
初日は2時間ちょっとしか歩きません。
ウォーミングアップ程度に歩いたら、到着したのは本日のお宿赤岳鉱泉。
ここは夏場は温泉にも入れ、食事が豪華なことで有名な山小屋です。

20151111175724.jpg
              山小屋でなんとステーキが・・・

ご覧の通り、この日の夕食はステーキ。
陶板でジュージュー焼いて頂きました。
この日は酒飲んで、飯食って、酒飲んで、寝る。
と言った何とも登山部らしい1日でした。

DSC08024.jpg
            硫黄岳への登山道。天気はサイコーでした。

翌日は早朝から行動開始。
朝食をとったら、すぐにスタートです。
まずは必至に上りを登って、標高2760mの硫黄岳まで一直線。

DSC08054.jpg
                     硫黄岳山頂。

ここまで来ればあとは稜線伝いに歩くだけ。
なんてちょっとなめてました。
次に目指すのは標高2829mの横岳。
ここまでは稜線もなだらかで、天気も最高の気持ちの良い登山でした。

DSC08073.jpg
              横岳山頂。まだみんな余裕の表情です。

問題はここからでした。
次は八ヶ岳連峰最高峰の標高2899mの赤岳。
ここまでの稜線が、足元が非常に悪く、一発滑れば一気に滑落。。。。
なんともスリリングでしたが、そこは普段から安全第一でやっている我々ですから、
慎重に慎重に歩を進めました。

DSC08066.jpg
        途中富士山が綺麗に見えました。やはり富士山はでかい!!

ヒーヒー、ヒャーヒャー言いながら、なんとか赤岳山頂へようやく到着。
今回の登山も無事に目的地へ到着。
足場が本当に悪くて、緊張の連続の登山でしたが、天気にはとても恵まれました。

111.jpg
           無事に赤岳山頂に到着。ホッと一息です。

赤岳山頂でお弁当を頂き、そこからはひたすら下山。
16時頃には美濃戸口につかなければ、日没が・・・
結構急ぎ足で、やはりガレ場の悪い足元を、一気に下りおりました。
なんとか16時頃には美濃戸口に到着。
約9時間の登山。去年よりは楽な行程でしたが、
お気楽な登山はないなと再認識させられる登山となりました。

DSC07977.jpg
           長野県警ヘリがホバリングしてました。何かあったかな?

来年も登山部は活動予定ですが、何処に行くのか、誰が参加してくれるのかは未定です。
だれか若い隊員入ってくれ!!募集中です。
みんなの協力。 | Home | 同じ場所へ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。