聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Official独り立ち1日目

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。
聖隷三方原病院救急科の松田です。
年末年始の色々を経て、世の中全体が通常運行になってきましたね。
それに伴って(?)私にも変化が…
そんな塩梅で、本日からヘリ当番独り立ちの松田です。
先月までは基本的に全例先輩医師との出動で、単独出動はケースを選択しての対応でした。
しかし、本日からは単独当番が標準となりますので、一層に緊張感を伴う仕事になります。

浜松はすっかり冬の装い…と言っても雪の無い過ごしやすい気候です!
さてさて、そんな独り立ち1日目はベテランナースの有賀さんとの出動。
3件の要請をいただきましたが、内2件は軽症キャンセル、1件のみの対応となりました。
1件は佐久間病院からの転院依頼でした。
昨年度1ヶ月の間に指導をいただいた先生から依頼の電話をいただき、傷病者情報を集めて、想定されるリスクを見積もりながら搬送の準備を進めます。
この依頼を受けた直後、他事案でも時間差を持って要請を受けており、続投を前提とした搬送プランを作成し、Take Offしました。
搬送中、重複要請事案は救急隊のみ対応となりましたが、過不足ない活動での最小の現場滞在時間を目標に活動を行い、基地病院へ帰投しました。
帰投後は直ちに専門科の介入を受け、最短時間での根本治療開始に成功しました。
前医での適切な初期診断及び初期対応から始まる救命の連鎖が、個々のパートでベストを尽くす事で有機的に機能した結果かな、と感じています。

本日は、他事案は全てキャンセルでしたが、迅速な要請ありがとうございます!
ところで、ランデブーポイントであった佐久間出張所ヘリポートには見慣れた顔が…!
なんと夏場にはOJTも経験し、現在は佐久間病院で地域医療研修中の小川医師の姿がありました。
夜間休日問わず全ての施設が基本的にはフル稼働且つ各科対応が可能な当院とは異なる環境にてカルチャーショックを受けながらも自分自身の技量などを見つめ直して一つ大きくなってくれれば幸いです。
平成27年度 志太消防出張シミュレーション訓練 | Home | 3連休
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。