聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムリミットが迫る

みなさん、こんにちは、こんばんは、おはようございます。
救急科の松田です、久々のブログ投稿です。
ところで、この挨拶、先日、浜松市消防局航空隊の皆様にも既に馴染みとなった事が判明しました。
当科に就職して間も無く一年、光陰矢の如しとは言い得て妙だと感じている昨今です。

さて、本日のヘリ当番は私とベテランナースの佐奈さんでした。
スタンバイ開始10分前頃には既に個人準備を整えて救急外来のドタバタに対応しながら、朝を過ごしておりました。
ヘリ当番の時には普段の出勤より若干早く、冬は特に起きるのが辛くなりますが、大分暖かくなって出勤も楽になってきたなと感じています。
そんな三寒四温の三寒な日々の中、2件の要請をいただいています。

一件は焼津市内で起きた高エネルギー外傷事案にて、現着前の速やかな要請をいただいております。
天候の問題で限定付きの出動でしたが、ギリギリの視界の中で安全性を見極めながらもタイムロスなく現場へ到達する事ができました。


現場救急隊及び支援隊と指令を介するなどして連携を取り、スムーズに合流、淀みないマネージメントで速やかに処置を完了させていただいた後に、三次医療機関である静岡県立総合病院へ搬送となりました。
県立総合病院様、ベッド状況が厳しい中、受け入れを快諾していただき、誠にありがとうございました。
また志太消防にあってはエレガントなマネージメントをいただき、ありがとうございました。


帰りは静岡へリポートで給油後、比較的視界が明瞭な海岸線沿いに飛行して浜松へと帰投しております。



二件目は夕方遅めの時間、三ケ日での内因性事案にて同じく現着要請をいただいております。
現場上空到達とほぼ同時に救急隊も現着、着陸後は支援車両にて現場へ向かい、初期評価と処置の後に、当院へ搬送としています。
こちらもタイムロスなくスマートに搬送を完了できており、現着前の適切な判断あっての結果と感じています。

この一ヶ月、浜松消防からの要請が増多している印象ですが、素晴らしいことだと感じています。
ドクターヘリと言えど、機を逸しては介入の効果は得られません。
想定される種々の状況を吟味しつつ患者さんにとってベストを尽くせるよう、積極的に要請をいただければ幸いです。
さて、そんなこんなで3月も中旬に突入する訳ですが、春は異動の季節でもあります。
当科でも若干の人の出入りがございまして、私も今月一杯で3年間を過ごした三方原の地を離れ、学生時代を過ごした札幌へと舞い戻ります。
救急医になることを強く意識した4年前、初めて三方原を訪れた3年前、右も左も分からない新米として赴任した2年前、そして、ヘリOJTを開始して救急医になる事を決意した1年前…色々なことが思い出されますが、ここに来て勉強できてよかった、と言うのが正直な感想です。
タイムスリップして過去に戻っても、きっと当科への就職を希望する、そんな確信を持っています。
そんな訳で私のヘリ当番も次回が最終回となります。
次回も安全に皆様のお役に立てるよう頑張ります!
牧之原消防署での訓練 | Home | 平成27年度 静岡県消防学校講義
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。