聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牧之原消防署での訓練

救急科 志賀です。

3月11日(金)、牧之原消防署でのドクターヘリ連携訓練に参加させて頂きました。

20160312013354be9.jpg

一例目は、多数傷病者事案。東名高速道路上の下り線における多重衝突事故で、重傷者が複数発生した想定です。

先ずは机上訓練。消防側(指揮隊・救助隊・消防隊・救急隊)の各隊の動きや配置、応援要請、ドクターヘリを要請した場合のランデブーポイントの設定や医療スタッフの投入方法等を一つ一つ確認しつつ、発災からの初動をイメージします。

次いで実車両を用いた実働訓練。先刻の流れに沿った初動に続き、現場に向かうドクターヘリと無線交信し災害状況や傷病者情報を共有します。合流後は現場処置を進めつつ、病院選定・搬送方法の選定・搬送順位等をドクターヘリ側と消防側とで決めていきます。

2016031201340144d.jpg

二例目は、内因性疾患。現場では中々判断の付きにくい事案にドクターヘリを要請した場合の対応や利点について、実技を通して確認を行いました。

二例とも、救急隊だけでなくドクターヘリ側に取ってもブラインド訓練でした。各隊との連携や病院選定・搬送について、地域性を重視しつつ考える機会となり、私達自身も沢山勉強させて頂きました。

更に、互いの顔の見える関係作りも一層進んだと思います。

寒さの中で参加された皆様、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
臨床研修終了式 | Home | タイムリミットが迫る
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。