聖隷三方原病院 高度救命救急センター    ドクターヘリのブログ

静岡県西部地区でドクターヘリを運営している 聖隷三方原病院 高度救命救急センターのブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本地震から学ぶ被災者支援勉強会

救急科 志賀です。

8月12日(金)、磐田市で開催された「熊本地震から学ぶ被災者支援勉強会」に参加させて頂きました。

160812_184512 (1)

まず平成28年度熊本地震に派遣された医療救護班として、当院と磐田市立病院のチームから活動報告を行ないました。

当院:「本部運営から見えてきた、亜急性期における保健師支援の全体像」

14012795_10202125374413343_163384602_o.jpg

磐田市立病院:「熊本地震での病院支援と看護ニーズ」

13987678_10202125374693350_194271152_o.jpg

磐田市立病院:「急性期災害医療からの移行」 

14001936_10202125374613348_530248028_o.jpg

その後、現地で支援を行なった磐田市の保健師さんも報告を行ないました。

災害の亜急性期の被災者支援に関する報告を通して、特に保健師に求められる多岐に渡る役割、そして病院支援における看護師の役割について全体で共有しました。

更にもしも当地が災害に遭った場合の地域の組織作りや受援のあり方についても、報告を踏まえた意見交換を行ないました。

主催である磐田市役所健康増進課を始めとした市職員さんに加えて、保健師さん、両院の病院職員、医師会・薬剤師会など多くの方々にご参加頂きました。

今回の勉強会は、市の枠を越えた情報共有の場として非常に貴重な機会であったと思います。参加させて頂きありがとうございました。

平時の医療に加えて災害時の対応などにおいても、今後とも益々の連携を宜しくお願い申し上げます。
9月 | Home | 出動総件数 8,000件
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。